12月1日から糖質制限食にしてみた^^;;

2013-12-02habanero.jpg

クスリを飲んでも、血糖値が今ひとつ下がりきらないので、食事療法を強化することになった。つまりは、糖質(炭水化物)を減らすということ。

でも、あまりストイックにやる気はないので、自宅で食べる炭水化物を半減させ、外食時は少し残すように心がける程度のこと。
ということで、昨日からごはんを炊いていない。
今日の夕食に、クリームシチューを作ったのだけど、ジャガイモは入れなかった。その代わりということでもないけど・・・ハバネロを5個入れたので、その辺の激辛カレーより辛いシチューになった^^;; 白飯があれば、ほとんどカレーライスのように食べられるのだが・・・。

10年間内に脳卒中を発症するリスク10~12%

昨日、国立がんセンターが、「10年間で脳卒中を発症する確率について」というのを発表した。

年齢、性別、喫煙の有無、肥満度、糖尿病の有無、血圧と降圧剤投薬の有無を数値化し、その合計点数を評価表と見比べて確率を求めるというもの。
で、自分の状態を計算してみたところ、10~12%という結果を得た。
この評価表では、最悪の数値であっても10%以上としか評価されないので、10~12%というリスクが高いのか低いのか、今ひとつピンとこない。もちろん、国立がんセンターの論文では、どういう値が理想的なのかなどを示しているので、良くない数値だということはわかる。
わかるけど・・・皮膚感覚として、危機感を抱くこともなくて・・・まあ、どうにかなるんだろうという楽観論が支配的だ^^;;

「グルコケア緑茶」なんてものを飲みはじめた^^;

glucocare_stick.jpg血糖値が大いに気になるようになってしまったので、こんなものを飲みはじめることにした。食事の時に適量飲むと、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるらしい。

らしい、というだけで、本当にどの程度の効果があるのかはわからない。一応、「特定保健用食品」ではあるけど、本当に効き目があるなら「医薬品」として健康保険が使えてもいいはずだし・・・。

通販で箱買いして、基本的に、日常生活で飲む日本茶はすべてこれに替えることにした。もう、コンビニで適当なお茶を買うことは禁止^^;; まあ、嗜好品の銘柄を変える程度のことなので、この程度のことなら苦もなく続けていけるだろう。・・・価格的には少し割高になるけど仕方がない。glucocare_ryokucha.jpg

購入価格は、「大正製薬 グルコケア緑茶(600mlペットボトル24本)」がamazonで4,719円。1本あたり196円強。味はどうにか許せるレベル・・・値段はふつうのお茶よりかなり高い。
「大正製薬 グルコケア粉末スティック(粉末6g×30包)」の方がamazonで2,464円。一杯あたり82円強・・・まあ、高いといえば高いけど、それはがまんできそうだ。味は意外にまともで、まあ、ふつうに飲める。
毎日飲むものなのでなるべく安い業者をと、楽天市場なども探したけど、送料がかかるのでどこも割高だった。
ところで、大正製薬は「Livita-Life」シリーズとして、この「血糖値が気になる方に」だけではなく、「中性脂肪が気になる方に」「コレステロールが気になる方に」「体脂肪が気になる方に」「血圧が気になる方に」という健康茶をシリーズで出している。残念ながら、「全部気になる方に」というのは出ていない。
わたしの場合は、このシリーズ全部を飲まなければならないのだけど・・・どうしたものだろう?^^;;

ついに、生活習慣病の大三元をつもった^^;

先週、掛かり付けの医者の元で、久しぶりに血液検査をした。・・・いろいろ予想はしていたけど、思いの外、すごい数値をはじき出してしまった^^;;

グルコース、HbA1c(NGSP)の結果から、医者に「あなたは糖尿病です」と問答無用に宣言されてしまった^^; 数値的に、そう判断すべき基準になっているのだから、反論のしようもない。・・・定期的に血液検査はしていたけど、いつも、超空腹の夕方に採血していたので、見落とされていたらしい。さらに、昨年夏、アイスクリームを主食にしていたりしたので、急激に悪化した可能性もある。
麻雀に例えると・・・これで、手牌の中で「高脂血症」「高血圧」そして「糖尿病」という、生活習慣病の「大三元」が確定してしまった。役満だ^^;
すでに、喘息というか、CODP(慢性閉塞性肺疾患)も暗刻になっているから、「四暗刻」も確定・・・W役満だ^^;;
・・・これは死に至る病ではないけど、他に「脊柱管狭窄症」というのもある。まだふつうに歩行もできるし、日常生活もこなしているから、せいぜい対子くらいだろうか・・・って、これが頭になるから、今回、糖尿病をつもって和了じゃないか?
さて、少しは本気で生活習慣を変えないといけないんだろうなぁ・・・。週末に、大量のアイスクリームを作ったばかりだけど、これを食べるわけにはいかないだろうな^^;;

OMRON 活動量計 Calori Scan HJA-307IT

OMRON_CaloriScan_HJA-307IT.jpg今年に入ってから、すこぶる体調が悪い。そのせいで、極度の運動不足状態が続いている。食欲もないし、酒量も減っているので体重は増えないようだけど・・・。

そんな折、いままで使っていた歩数計の電池が切れたのを機会に、もう少し機能の多いものに買い替えた。amazonでの購入価格は3,700円。
これで、改めていま、どれほど運動不足なのかはっきりさせてみたいと思っている。・・・とはいっても、動かない日は数百歩しか歩かないことは、以前の歩数計でわかってはいるけど^^;
この活動量計は、PCを通してオムロンの健康管理サイトにデータをアップし、長期にわたってデータ管理してくれるらしい。なかなかよくできていて、ケーブルを接続せずに、データ転送用のトレイに載せるだけで、PCを経由してサイトにデータを転送してくれる。この活動量計のほかに、この機能に対応した血圧計や体脂肪・体重計を使うと、より便利になるらしいけど・・・そこまで本気でやる気はない^^;

オムロン 体重体組成計 Karada Scan371 HBF-371-A

karada-scan371 .jpg35歳頃から急激にデブになった。もう十分にデブにも慣れてしまい、自分の身体のデフォルトがデブなのだと無意識のうちに納得してしまっている^^;
しかし、デブであることにメリットはない。いま現在、高血圧と高血脂症のクスリを飲んでいる。すでに糖尿病と睡眠時無呼吸症候群がともに対子になっているから、シャボ待ち状態。高めの糖尿病をつもれば生活習慣病の大三元^^;
他にもデブには弊害がある。ウエストが苦しいと呼吸を妨げ、呼吸器疾患にも良くない。同様に腰部脊柱管狭窄症にも良くない。ハッキリいって、デブには百害あって一利もない。・・・悪名高いタバコですら、ふたつや三つの利があるように思うのに、デブにはひとつもない。
で、少し体重を落とさなければいけない。
ということで、とりあえずこれを買ってみた。amazonでの購入価格は4,577円。
いままではタニタ製の体脂肪を計れる体重計を使っていたけど・・・体重計なんて、滅多に壊れないのでいまなおちゃんと使えるけど・・・気分一新ということで買い換えた。
体重の他に、「BMI」「体脂肪率」「基礎代謝量」「内臓脂肪レベル」「骨格筋率」「体年齢」を表示してくれる。しかし、表示されるパラメータが増えたからといって痩せるわけでもなく・・・当然、すべての値が、デブであることをダメ押ししているだけだ^^;
まあ、「体重を記録し続けるだけでも痩せるという説」と「空気を吸うだけでも太る身体」の闘いだけど・・・闘う前から勝負は付いているようなものだ・・・^^;;

心拍計測機能付きウォッチLED HEART METER

2011-01-06tokei.jpgわたしは元々、頻脈の傾向があり、何もせず安静にしていても心拍数が高い。ちょっと動いただけで、すぐに心拍数が上がり、汗をかく^^; まあ、これはこれで仕方がないことなんだけど・・・ネットを見ていたら、心拍数を簡単にはかれる腕時計があることを知り・・・心拍数を管理できるものならしてみようかという気になった。

amazonで調べてみたら、いろいろなものが売られていた。しかも、意外に安い。
ということで、試しにひとつ買ってみた。
「アナログ時計デジタル 心拍計測機能付きウォッチ LED HEART METER
購入価格は7,800円、配送手数料630円。
届いてみたら・・・やたらに重い。意外にごつい。・・・よく言えば、高そうに見える^^;
センサー部分を親指と人差し指で挟み、5秒で心拍数が表示されるので、結構使いやすい。・・・まあ、しばらく遊んでみよう^^