自然史学会連合講演会(MieMu 三重県総合博物館)(三重県津市)

15チラシ表_150910今回、三重県総合博物館に来たのは、常設展を観るのも目的のひとつだったけど、毎年各地の博物館を持ち回りで開催されている自然史学会連合会の講演会が主目的。
といっても、博物館の常設展も観たかったので、講演は最初の「ヤムシ」についての1本しか聴かなかった、否、聴けなかった^^;; ヤムシなどという生物がいることをはじめて知ったけど、こういう生物を地道に研究している先生もいるんだなぁ。
というか、この世に存在して名前がついているモノには、すべて「○○先生」なる人がいる。

日本郵船歴史博物館 講演会「船舶の過去・現在・未来」(神奈川県横浜市中区)

仕事の延長上の興味で、講演を聴きにいった。
日本郵船130周年特別展「きらり技術力、あすへの挑戦」の関連イベント。浮力と復原性、推進・運動性能、構造力学といった基礎的な理論を用いてどのように船舶を設計してきたか、技術的な発展から今後の展望といった内容。実際は、ちょっと技術寄りの総合的な船舶と海運のお話で、期待以上に面白かった^^
後援者の名前を見たとき、もしかしたらとは思ったけど・・・昨年の「セウォル号」の事故の後、ニュース番組で何度か解説をしていた方。自己紹介で「本当に出たくなかったのだけれど・・・」と話していた。
2015-09-26nyk_kouen.JPG
●演題:船舶の過去・現在・未来
●講演者:田村兼吉氏
国立研究開発法人 海上技術安全研究所 研究統括主幹兼海難事故解析センター長。

ミュージアムパーク 茨城県自然博物館/自然史学会連合講演会 自然史まつり in いばらき(茨城県坂東市)

2014-11-23ibarakishizenhaku01.JPG

2014-11-23ibaraki_shizenshigakkai.jpg

今年20周年を迎えた茨城県の自然史系総合博物館。・・・開館して間もない頃、この博物館はすごいという評判を聞いてはいたけど、いままで訪れる機会がなかった。なにせ、ド田舎にあって、とにかく交通の便が悪い。どうしてこんなロケーションに作ったのかが謎だ。
建物は建築家・仙田満(1941年~)が担当した建築物。
常設展示は、建物と一体化したユニークな展示導線、蛸壺状の小部屋の展示、スコープや顕微鏡を多用した展示など、なかなか面白い常設展示だった。
今回は見なかったけど、体験型施設が併設され、化石探しやクリーニングが体験できるらしい。敷地がとてつもなく広くて、植物園のようにも思えるけど、基本的には公園。ちょうど紅葉がきれいだった。

今日だけのイベントだけど、日本自然史学会連合の講演会イベント「自然まつり in いばらき」が開催されていた。午前中は講演会。午後はワークショップ。

ちょこっとだけ覗いたけど、わたしはこの博物館がはじめてだったから、ほとんど常設展を見て回っていた。講演テーマは皆面白そうだったのに・・・。
2014-11-23ibarakishizenhaku02.JPG

上野大仏(合格大仏)

goukakudaibutsu-l
友人の娘さんが、大学受験だというので・・・上野公園に来たついでに「上野大仏」にお参りすることにした。大仏と言っても、仏様の顔だけで、身体がない。かつてはちゃんとした大仏だったのだけれど、関東大震災で崩壊してしまい、以後、顔だけのレリーフとして奉られている。・・・大正時代にこんな物を作るなんて、なかなかサイケデリックだ^^;
以前、仕事でよく上野公園に来ていたときに、たまたま見つけて、なんだこりゃ!?とビックリしたことがある。・・・上野公園の中でも飛び抜けて地味な存在なので、ほとんど知る人もないだろうと思っていたけど・・・ネットで由来を調べてみたら、つい最近テレビで紹介されたらしく、たくさんの人がBLOGに書いていた^^;;
いろんなところに書いてあるから詳しくは書かないけど・・・いままで4回ほど、火災や地震で首が落ちたことがあり、いまでは首だけになってしまったので、もうこれ以上は落ちようがない、ということで・・・落ちない大仏、つまり合格祈願の大仏ということ^^;
コンビニで買える合格祈願のスナック菓子よりは、御利益がありそうな気がするけど・・・^^;
・・・もしかすると、これが今年の初詣かも^^;;

東京ドーム 東京マラソンEXPO 2007

2007-02-17.jpg明日、初めて一般市民ランナー約30,000人を含めて開催される「東京シティマラソン」。もちろん、私自身が参加するわけではないけど・・・知人が競争倍率3倍という抽選に当たって参加することになったので、参加登録をしにいくところについて行った。
30,000人の市民ランナーの受付を行う会場なので、どこかのホールに机がびっしり並んだ・・・投票所のようなところを想像していた。それが東京ドームだというのでついて行ってみると、予想外に大がかりなイベント「東京マラソンEXPO 2007」が行われていた。参加者はこのイベント横の別の入口を入り、手続きを済ませてゼッケンを受け取り、再びイベント会場に戻ってくる仕掛けだった。
たしかに、最低でも参加者30,000人・・・連れの人間を含めたらそれ以上の人間を確実に動員できるわけだから、こういうイベントをしない手はない。・・・実際、たいていの市民マラソン大会では、規模こそ差はあれ、同様のイベントが開かれるのだという。
ブースを出しているのは、スポーツ用品、スポーツウェア、スポーツドリンクメーカーなどの大手メーカー。最大手企業ブースでは、小出監督などのゲストを招いてトークショーなども開かれていた。
地下鉄がブースを出していたのは、東京シティマラソンならではのことだろうか? 当日は長時間にわたって交通規制がしかれるけど、歩行者だって道路を横断できなくなる。そこで活躍するのが地下鉄の駅ということ。道路を横断するのに、わざわざ地下に潜って反対側にでなければいけないわけだけど、そういう意味では、地下鉄が発達した東京だからできる市民マラソンなのかもしれない。
しかし、日曜日とはいえ、8時間もの交通規制・・・。どんなにひいき目に観ても迷惑なことおびただしい^^; 果たして社会的な理解を得られて、来年以降も開催されるのだろうか?

LPガス快適フェアinさいたま

2006-08-26b.jpg今日から大宮ソニックシティで開催されている「LPガス快適フェアinさいたま」というイベントを見に行った。まあ、ちょっと訳ありで見に行ったわけだけど、特にお目当てがあってということではない。
大宮ソニックシティに行くのは、このイベントがらみが初めてのこと。室内の展示場は狭いけれども、屋外の公園まで含めるとかなり広いイベント会場だった。ただし、会場が分割していて、構造が複雑。目的地がはっきりしていても、施設の構造をよく知らないので道に迷ってしまったりした。そもそも、会場の案内板が不親切で、今どこにいるのかは解るけどどう移動するべきなのか動線がぜんぜん見えなかった。まあ、そんなことはどうでもいい。
このイベントは、社団法人埼玉県LPガス協会が主催。一般向けにLPガスのクリーンさと未来的利用法などをピーアールしようというもの。同時に防災の面でもLPガスは復興が早くて、避難所などでも活躍する重要な社会インフラであるとピーアールしたい、というふたつの狙いで行われたらしい。なので、観客動員の目玉が戦隊ヒーローのショウであったり、マジックショウであったりして、ちいさな子供連れの母子がわんさか集まっているのは構わない。でも、問題なのは何が主眼なのかがはっきり示されていなかったことだ。会場は散漫だし、配り物や展示などはアピール性が低いし、そもそも主眼のメッセージがぜんぜん立っていなかった。
まあ、こういう問題も、どれだけ人が集まってくれるかにかかっていて、人がいない閑散とした会場でメッセージだけが目立っていても淋しいだけではあるけど・・・。もちろん、当初の動員目標に達するほど人が集まっていたとはとても思えない・・・。

東京ビッグサイト コミックマーケット70

2008-08-12.jpg昨日から東京ビッグサイトで開催されている「コミックマーケット70」に行ってきた。去年は行けなかったので、夏コミに行くのは一昨年以来のこと。
例年、異常とも言える人出のイベントだけど、今年は一般にも広がった「萌えブーム」「声優ブーム」のせいか、異常の上にさらに輪をかけて異常な人出のような気がした。りんかい線、ゆりかもめ、共に最寄り駅からビッグサイトまで完全につながった行列・・・しかもいまから行く人、帰る人が同じように行列を作っていた。もちろん、ビッグサイトの中も人、人、人・・・。休憩できるスペースがあれば、ロビーも通路も関係なく人が座り込み、立錐の余地がない。・・・閑古鳥が鳴きそうな特殊なビジネス関連イベントでさえ暑くてビッグサイトの空調には悪評が絶えないけど、ことコミケに至っては灼熱地獄^^; 2時間近く人混みをかき分け会場を歩くのが限界だった。
今回、目に付いたのは浴衣を着た女の子の参加者。去年あたりから浴衣が流行っていることを受けてのことだろうか? どこかで花火大会でもあるのだろうか? ・・・萌えブームの主役であるメイド服は、コスプレという枠を超えてほとんど制服のようになっていた。時間も体力もなくコスプレ会場には行かなかったけど、コスプレで目立ったのは「BLEACH」・・・至る所に死神がいっぱい居た。
毎回思うけど、これだけのイベントをボランティア主体で整然と開催していることには驚かされる。でも、ここまで規模が大きくなると、そろそろ東京ビッグサイトでの開催は限界なのかも知れない・・・。