MOOK「図解で振り返る激動の平成史」

図解で振り返る激動の平成史(時空旅人別冊)
(三栄書房:880円+税)
※古書を購入

令和時代は、「新型コロナウイルス」にはじまり、コロナウイルスと共存する全く新しい時代になりそうな気配。この先どうなるんだろうと恐れおののくけれど、「平成」も決して順風な時代ではなかった。
振り返って平成時代は、湾岸戦争とバブル崩壊にはじまり、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、アメリカ同時多発テロ、イラク戦争、ISISの盛衰と焦臭い戦争やテロが続いた。
さらに、自然災害が多発した。雲仙普賢岳噴火、有珠山噴火、三宅島噴火、東日本大震災/福島原発事故、熊本地震、度重なる豪雨と水害、台風被害・・・。リーマンショックと民主党政権も人為的なものだけど災害レベルで暮らしを破壊した。
暮らしを豊かにしたのか破壊したのか、功罪あるだろうけど、インターネットの普及とグローバル化も平成時代に進んだ。国際的サプライチェーン、LCCによる人的移動がなかったら、新型コロナウイルスの被害もここまで急速には進まなかっただろうなと思う。「令和」はコロナではじまったけど、どういう時代になるのだろう。

雑誌「milsil ミルシル 日本列島の誕生と変遷」(2020年No.2 通巻74号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行)
今回の特集は「日本列島の誕生と変遷」。
新型コロナウイルスのせいで科博もずっと休館になっていて、再開のめども立たない状況が続いている。科博に限らず、博物館美術館はどこも閉鎖されているので、外出しようという意欲も出ない。
この号の特集は「日本列島」。かつて日本列島はユーラシア大陸の一部で、いまの沿海州近くから分裂して島となり、今日の地形を生みだしていった。おかげで、日本列島でも恐竜の化石が出てきたりする。以前、HNKの番組で紹介され、何冊か本も読んだことがあるのでなじみ深い内容だった。
そういえば、子供の頃、小松左京の『日本沈没』という小説がベストセラーになったけど、ここで紹介されている地殻変動の延長として描かれたものではないと記憶している。あれは、どういう理論による創作だったんだろう?

雑誌「milsil ミルシル 地球外生命を探せ!」(2020年No.1 通巻73号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行)
今回の特集は「地球外生命を探せ!」。
最近は「宇宙人」という単語が使われなくなり、知的生命体であるか否かを問わず、「地球外生命」と呼ぶことが多い。この太陽系の惑星やその衛星にも生命が存在する可能性が確認され、さらには系外惑星もたくさん発見されるに及んで、この分野も活気づいている。
今でこそこんな特集がふつうに組まれているけど、2、30年前に「SETI」なんていうと、真っ当に科学扱いされていなかった。まあ、SETIは地球外の知的文明さがしだから、むかし風にいえば「宇宙人」探しだ。「地球外生命」探しとは分けて考えるべきだけど・・・個人的には「地球外生命」より「宇宙人」がいて欲しい。その方が楽しいしわくわくする。

雑誌「milsil ミルシル アリ」(2019年No.6 通巻72号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価428円)
今回の特集は「アリ ~その多様な生き方に迫る~」。身近な昆虫だから子供の頃はよく遊んだものだけど・・・最近は見たことがない。子供時代とは違って、地べたを見ることもなくなったからからなのか、都心にはアリが棲んでいないのか? 少なくとも減っているのは間違いないだろうな。
いま日本が必死に定着を防ごうとしている外来生物「ヒアリ」にも触れている。ヒアリは主にコンテナに紛れ込んで運ばれてくる。当然、大きな港から国内に広がるだろうから・・・事実、青海埠頭とか大井埠頭あたりから見つかっている。大井埠頭は家からそう遠くないので、ちょっと心配だ。鎖国でもしない限り、いつまでもずっと、水際で駆除し続けることはできないから、やがては日本中に広がるのだろうな・・・。
集団的、組織的に生活するアリの生態は、それだけとりだしてもたいてい面白い。

MOOK「NHKカルチャーラジオ 科学と人間 吉野彰 電池が起こすエネルギー革命」

NHKカルチャーラジオ 科学と人間
吉野彰
電池が起こすエネルギー革命

吉野彰著
(NHK出版:985円+税)

NHKのラジオ第2放送のコンテンツ「カルチャーラジオ 科学と人間」シリーズをテキスト化した書籍。ノーベル化学賞を受賞した吉野彰先生のテキストを読んだ。
全13回の放送で、最初の数回は「電池の仕組み」や「電池の歴史」といった入門編。次いで、リチウムイオン電池の開発秘話など、吉野先生の研究開発、商品化に関わるお話。最後はリチウムイオン電池が世の中に与えた影響、今後の社会にどう貢献していくかなどの総括という構成。
ラジオ番組のテキストなので、ラジオにはない図解があったりして平易にわかりやすく、なにより読みやすい。マスコミの報道は研究開発での業績が中心で、商品の実用化、商品化への動きはあまり触れられていなかったけど、企業人としての側面にも触れられていて興味深かった。

雑誌「BRUTUS 本屋好き。書を探しに、街に出よう!(2019-11-01号)」

amazonを利用するようになって、本屋に行かなくなった。電子書籍も読むようになって、ますます本屋に行かなくなった。かつては、自分の好みに合うラインナップを取りそろえるお気に入りの本屋というのがいくつかあって、頻繁にそこで本を買っていた。その本屋のことなら、隅から隅まで知っていたものだけど、月に一度も顔を出さなくなってしまった。
BRUTUSが紹介するようなこだわりとコンセプトを持った本屋って・・・書籍との出会いの場であって、その本屋でその本を買うこと自体がカッコイイと思えるような人向きなんだろうな。言い方を変えると、そういう本屋じゃないと、この時代生き残っていけないのだろう。
わたしのように、呼吸するように本を読む人間は、あまり、本屋という「場」の魅力を感じなくなってしまったように思う。
そういえば、本屋に行かなくなったもうひとつの理由・・・雑誌を読まなくなったから。若い頃は雑誌を読むことが仕事の一部だったけど、最近はぜんぜん読まない。BRUTUSを買ったのも、いつ以来のことか思い出せないや。

雑誌「milsil ミルシル リモートセンシング」(2019年No.5 通巻71号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価420円)
今回の特集は「リモートセンシング」。地球観測衛星による宇宙からの観測や航空機観測について。地図づくりやGPSをはじめとして、農業・環境・防災・資源探査などさまざまな分野で活躍している。いつの間に打ち上げたのかと思うくらい、日本もリモートセンシングを行う人工衛星をたくさん持っている。
日常的に身近なのは気象衛星「ひまわり」だろうけど、身近すぎて現役なのが何号なのかも覚えていない。
もちろん、リモートセンシングそのものは各種センサーや観測機器によるもので、それが小型化・省電力化され、人工衛星に搭載可能となって実用化されたもの。ここでは紹介されていないけど、人工衛星に搭載したくても出来ない、観測機器もたくさんあることだろう。