雑誌「milsil ミルシル DNAと保存科学で生物標本を活かす」(2019年No.2 通巻68号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価420円)
今回の特集は「DNAと保存科学で生物標本を活かす」。博物館が収集・保存する生物標本のDNA解析のお話。
わたしは子どもの頃から博物館が好きだった。中でも、理路整然と分類分けされ展示されている生物標本と、あまたある中からわずかに抽出して限られたスペースに雑然と並べられた理工系展示の両極端が好きだった。高校時代に、某博物館のバックヤードを見学する機会があり、標本が作られ、保存される現場を見たときはちょっと感動した記憶がある。ただ、その頃は標本のDNA解析などなかった時代で、漠然と・・・リンネの時代と同じように収集して保存しているだけの、辛気くさい世界だと思っていた。・・・それがいまでは、DNA解析という新しい研究手法が登場して、博物館の生物標本の存在価値が一変した。当然、研究成果は展示にも反映されていくわけで、博物館がますます面白くなっていく・・・はず。

MOOK「成田国際空港」

成田国際空港
(イカロス・ムック:1,944円+税)
※古書を購入

仕事の資料の延長として読んだけど、需要があるのか古書にもけっこういい値段が付いていた。
わたしが、長時間移動が必要な海外旅行に行く気力が失せて幾久しい。なので、成田国際空港を利用する機会がない。しかも大田区なんかに住んでいるせいか、羽田国際空港にの方に馴染みがある。だから、貨物の取扱量や海外旅行客数で成田国際空港が国内1位と聞いて、ちょっと驚いた。いわれてみれば、ふつうに納得できることではあるけど。
そう考えると、成田と羽田を抱える東京というのは、圧倒的な一極集中なんだと気がついた。そういえば、成田に第3の滑走路が作られるというニュースを昨年聞いたような気もするし、ますます海外からの旅行客が増えるのかと・・・。

雑誌「milsil ミルシル 博物館における文化財科学」(2019年No.1 通巻67号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価420円)
今回の特集は「恐竜から鳥へ ―進化の軌跡」。ディノニクス以降の恐竜研究の最新成果のお話。
わたしが子どもの頃、「恐竜」はただ巨大な爬虫類というイメージで、あまり面白い存在ではなく、あまり興味を持たなかった。ゴジラやウルトラシリーズの怪獣のベースになったから、そちらの方がなじみ深かった。
それがいつの間にか、日本国内からも恐竜の化石が発見されるようになり、博物館までできた。変温動物から恒温動物に変わり、鳥類との関係性が変わり・・・子育てする恐竜が明らかになったり、いくつかの恐竜は体色までわかったり、そのイメージを大きく変えた。もう少し興味を持って勉強しておくんだったとも思うけど・・・。
連載の「日本の国立公園」は、今回の南アルプス国立公園で最終回。次号から、たぶん新しいシリーズがはじまるのだろう。

MOOK「TEAM ANA 羽田&成田空港で働く」

TEAM ANA 羽田&成田空港で働く
(イカロス・ムック:1,370円+税)
※古書を購入

仕事の資料の延長で、ちょっと興味がわいたので読んでみることにした。わたしは、とくに航空ファンというわけでもないので、こういう機会でもない限り読むことはないだろうし・・・。
航空マニアでANA好きの人はもちろん、学生のリクルート資料としても役に立ちそうな本。表紙に「就活生必読!」と書いてある。羽田空港と成田空港で働くANAの地上スタッフの仕事を紹介している。ただ、機体整備のエンジニアなどは含まれていないようなので、すべての業務を網羅しているわけではないようだ。
マイルをためようと思うと、ANAかJALかどちらかに絞るのが自然だろうけど・・・わたしの場合は、特に理由もなくANAを利用することが多い。この本を読んで、ANAを利用する上で何か役に立つ知識を得たかというと、特別何もなかった。

MOOK「世界一やさしいシリーズ【無料版】 世界一やさしいLINE&LINE便利ワザ 合本版」

世界一やさしいシリーズ【無料版】
世界一やさしいLINE&LINE便利ワザ 合本版

(インプレス:0円+税)
※Kindle版を購入

いまさらながら、LINEを使いはじめた。いずれこうなるだろうと、かなり前にamazonが無料で売っていた入門書のMOOKを購入しておいた。
無料版だからなのか、第1章が省かれていて、導入時の設定に関するページは読めなかったけど・・・そのへんはネットで調べて乗り切った。LINEで何が出来て、どう使えばいいかは、この本で一通り理解した。使うであろう機能はとても限定的で、難しいことはとくにない。
LINEをはじめとするSNSに対して消極的な姿勢をとってきたけど、たぶん、多少は便利な面があることは認める。今後どの程度使うかは不明だけど・・・。

雑誌「milsil ミルシル 博物館における文化財科学」(2018年No.6 通巻66号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価420円)
今回の特集は「博物館における文化財科学」。
博物館が保管しているさまざまな標本資料に対して行われる科学的な調査研究や、点検・修復といった保存作業について、いろいろ紹介している。ある意味では、11月25日まで開催されていた企画展「標本づくりの技 職人たちが支える科博」に関連した内容。
調査や研究で使われる科学的な技術は常に進歩していて、新たな研究成果が得られるようになってきているけど・・・その分だけ、標本の作り方、保存の仕方などにもこれまで以上の注意が必要になるということ。
連載の「DNAを知る」は第6回目で、「CRISPR-Cas9」によるゲノム編集のお話まできた。このテーマには興味があるので、もっとまとめて読めるとありがたいのだが・・・。まあ、そういう書籍を一冊読んだから、好奇心は満たされているけど。

雑誌「milsil ミルシル ふしぎで多彩な変形菌の世界」(2018年No.5 通巻65号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌(隔月年6回発行。税込定価420円)。
今回の特集は「ふしぎで多彩な変形菌の世界」。この「ミルシル」の特集記事は、科博が予定している企画展のテーマと微妙に関連していることが多いのではないかと思っているけど、今回の「変形菌」は、関連している気配がない。昨年末から今年のはじめにかけて、「南方熊楠」の企画展をやったばかりだし。「変形菌」は地味な存在ではあるけど・・・わたしは熊楠ファンなので、嫌いな存在ではない。
この号で気になったのは巻頭のインタビュー記事。リチウムイオン二次電池を開発した吉野彰氏(旭化成名誉フェロー)・・・ノーベル賞候補の呼び声も高いので、名前だけは知っていた。モバイルだ、ウェアラブルだと身の回りの電子機器の進化にはついていけない勢いがあるけど、それもこれもこの電池があってこそのこと。いくら感謝してもバチは当たらないはず。

雑誌「milsil ミルシル 広がる「地図」の世界」(2018年No.4 通巻64号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価420円)
今回の特集は「広がる「地図」の世界」。国土地理院の先生方が測地系の歴史、スマート社会の新しい地図像を紹介している。
似たようなテーマで、かなり以前に国土地理院を取材したことがあるけど、あのころはスマート社会なんていう単語のスの字もなかったので、いろいろ新しいことが紹介されていた。いまではカーナビどころか、歩くための日常的な地図までデジタル化されている。近い将来には、クルマの自動運転やらドローンの宅配便などもこうした地図インフラの上で動くわけだけど・・・歩きスマホする人が邪魔でぶつかりそうになるのが当たり前の時代、本当に安全なサービスが実現するのか、地図とは別の次元で、内心、ちょっと心配ではある^^;
サブ特集は「カタツムリ」。カタツムリが左巻きなのか右巻きなのか、気にもしたことがなかったけど・・・世の中のたいていのことには専門家がいて、一見、どうでも良いことを研究していたりするので、別に驚かないんだけど・・・「ヘビ仮説」か、ちょっと驚いた。

雑誌「milsil ミルシル 樹木の科学」(2018年No.3 通巻63号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価420円)
今回の特集は「樹木の科学 ~木の形はどのように決まるのか~」。
樹木の形なんて、いままで気にしたこともなかった。盆栽でもやっていれば別なんだろうけど、街中で暮らしていると、樹木と接する機会なんてまずないから。公園の木々や街路樹など、身近に樹木がないわけではない。でも、お花見では花ばかり見ているし、落ち葉の季節には枯れ葉が邪魔くさいと思うだけで・・・樹木そのものを意識することはない。いつもミルシルで驚かされるのは、こういうことを研究している人がいるという事実。
その他主だった記事は、アリと共生している「ハネカクシ」という昆虫と、屋久島国立公園。ニュース記事の中で気になったのは、宇宙が誕生した直後に生まれた最古の星「ファーストスター」由来の電波を捉えたという記事。・・・この号は今までにも増して地味な内容だったな。