BOOK「宮古上布 ~その手技~[改訂版]」

宮古上布
~その手技~[改訂版]
宮古上布保持団体編
(宮古市教育委員会)

仕事の資料として読んだ本。
宮古上布は、苧麻(ちょま)繊維を原料とする麻織物。琉球列島の島々には、その島固有の織物があり、宮古上布もそのひとつ。かつては琉球王朝の朝貢品として貴重な織物として扱われ、その製法に独自の伝統技法があり、国の無形文化財に指定されている。
この冊子は、文化庁の「ふるさと文化再興事業」制度を活用して、宮古上布保持団体が発行した改訂版。「技法編」では、宮古上布の歴史、糸づくりからデザイン・染色、織り、仕上げまでの製造法を紹介。「資料編」では、道具や用語、図柄などを補足している。
巻末に参考文献のリストが掲載されているけど、行政や博物館のようなところから出版されてものばかりで、出版社から出された一般書籍はほとんど載っていない。宮古島では、宮古上布に関する体験学習など、観光資源としてもPRしているけど、残念ながらなかなか広く知られるには至っていない。
麻製の衣服は、温暖化のせいで炎暑かする夏には打って付けだろうから、もっと普及しても良いと思うのだが・・・。というか、個人的には手頃なものが欲しい。

BOOK「おばあたちの手技 宮古諸島に伝わる苧麻糸手績みの技術[改訂版]」

おばあたちの手技
宮古諸島に伝わる苧麻糸手績みの技術[改訂版]
宮古苧麻績み保存会編
(宮古市教育委員会)

仕事の資料として読んだ本。
宮古上布は、苧麻(ちょま)繊維を原料とする麻織物。琉球列島の島々には、その島固有の織物があり、宮古上布もそのひとつ。宮古諸島では15世紀頃には苧麻から糸をつくり、布を編んでいた記録が残されている。その糸づくりは、国の選定保存技術に選ばれている。宮古諸島では、苧麻を「ブー」と呼び、苧麻績みを「ブーン」と呼ぶらしい。
この冊子では、植物としての苧麻の解説、苧麻畑の選定から栽培法にはじまり、糸づくり全般を紹介している。「ティーカシギからおろしたカシを小さくまとめていく」といった感じで、宮古諸島の言葉を用いて書かれているので、最初から順番に読まないと何をいっているのかさっぱり分からない。確かに、こういう言葉も大切な文化だから、こういう配慮は大切なんだろう。だからこそ、こういう本は面白い。

BOOK「沖縄染織王国へ」

沖縄染織王国へ
與那嶺一子著
(新潮社 とんぼの本:1,400円+税)
※古書を購入

仕事の資料として読んだ本。
「染め」ということではなく、「麻織物」に興味があって読んだたわけだけど、残念ながら役に立つ情報はほんのわずかだった。仕事的には、別の資料を探さなくてはならないだろう。
わたしは極端な暑がりなので、沖縄地方はあまり好きではない。行きたいとも思わない。でも、沖縄の伝統的な織物の柄は嫌いではない。なにより見ていて涼しそうだし、着てみると実用的に涼しい。気候風土に根ざして培われてきた衣類という感じがする。とはいえ、いまの沖縄でこんな民族衣装を普段着として着ている人は少ないだろうし・・・着たいと思っても、本物はものすごく高そうな気がする。手軽な値段のお土産品もあるのだろうけど・・・。
暑さといえば、今年の夏も暑かった。クールビズとかいって、カジュアルな装いで仕事をしても良い時代になったのだから、もう少し麻織物が幅をきかせても良いと思うけど・・・あんまり見かけないんだよなぁ・・・。

BOOK「本田圭佑の言葉 この一言が人生を変える!」

hondakeisukenokotoba.jpg本田圭佑の言葉
この一言が人生を変える!
青井玲/ことばの力研究会編
(amazon:379円)
※Kindle版を購入

FIFAブラジルワールドカップが始まったことだし、なんとなくサッカーに関連した本を読んでみようと思った。
この本、本当にスゴイ!!
何がスゴイって・・・これは本田圭佑が悪いのではなく、編者の責任だけど・・・本当に意味不明の本。何の基準で、何を目的に言葉を選んだのかまったくわからなかった。もしこの本を読んで、サブタイトルのように人生が変わる人がいるとしたら、自分の人生を何も考えていない人に違いない^^;;
これはKindle版だけ出版されて、印刷本にはなっていないようだから、資源のむだ遣いにはならなくてまだ良かった。そして、プライム会員は0円で読めたから、むだなお金を使わずにも済んだし・・・。まあ、読む時間はむだにしたけど。

BOOK「英語で話そう! 世界が恋する日本」

sekaigakoisurunippon.jpg英語で話そう! 世界が恋する日本
―会話のつかみもTwitterもこれでOK―
櫻井孝昌著
イラスト:夕仁/平平平平
(アルク:1,048円)
※Kindle版を購入

ちょっと仕事が楽な状況になったので、この1週間ほど、Facebookで外国人とオタク話をしてみようと思い、こんな本を眺めている。それなりに特殊な言い回しなどがあるため、参考にはなったけど・・・基本的に英語力が低いので、どれほど使いこなせるかはわからない。
しかし、Facebookでの外国人の友達は、(意図的に)スペイン人と台湾人ばかりなので、そもそも英語がどの程度通じるものかもわからない^^;; ただ幸いにも、わたしが書く怪しげなスペイン語と中国語を、彼らはなんとか理解しようと努力してくれる、性格のいい人たちなので、現状でもどうにかなっているような気がするけど^^;;

BOOK「さわって楽しむ博物館 ユニバーサル・ミュージアムの可能性」

sawattetanosimuhakubutukan.jpgさわって楽しむ博物館
ユニバーサル・ミュージアムの可能性
広瀬浩二郎著
(青弓社:2000円+税)
ISBN/ASIN:4787200488
※古書を購入

仕事の参考資料として読んだ本。
誰もが楽しめる博物館=ユニバーサル・ミュージアム。十分な学習経験と知識がない子供達にどう博物館が貢献できるか。さらに、この「誰もが」には、視覚障害者などのマイノリティも含まれる。
そんなことを考えるために、多方面からのレポートを集めたのがこの本。
正直なところ、展示品を保護する姿勢から、展示品を触らせる姿勢への転換などは面白いと思う。触ったり、持ち上げたりすると、ただ眺めるだけの展示とは違った体験ができる。その考え方はそれでいいと思うのだけど、個人的には、それはただ博物館の幼稚化の一途に過ぎないようにも思う。
実際、予備知識がなければ本質は理解できないし、不用意に触ったことで、本質的ではない体験をしてしまうこともあるのではないか・・・。
誤解を恐れずにいうなら、わたしの考えのベースには、大人が親しめる博物館があって、大人あるいは親たちの世代が十分に博物館を利用し、子供達に体験や知識を伝えていくという視点が欠けているのではないかと思うから。世の公設博物館は、予算を取るためなのか、どこもかしこも「子供達へ」をうたって展示を幼稚化させている。その結果、日本を代表する国立科学博物館に、幼稚園児の団体があふれかえったりする。なにか、本末転倒な気がするのだが・・・。

BOOK「旅行者のためのスペイン語ハンドブック」

Manual_español.JPG旅行者のための
スペイン語ハンドブック
Marla Esther Barranco/寿里順平著
(日本放送出版協会:1,600円+税)
ISBN/ASIN:4796677950
※学生時代に購入(自炊済み:カセットは廃棄)

学生時代に購入した本で、ヒヤリング用のカセットテープがセットしなっていた。でも、本体の本を自炊したときに、カセットは捨てた。たしか、箱に入っていたはず。
学生時代か、卒業直後あたりに購入したはずだけど、旅行用の本ということは・・・当時、スペインに行こうと考えていたのかよく覚えていない。いま振り返って考えると・・・その頃はアジアばかり行っていたので、スペインに行こうと考えるとは思えないのだが^^;
わたしのスペイン語は、機械翻訳を使いながら、Facebookで簡単なコミュニケーションをとる程度の目的なので、この手の本が思った以上に役に立つようだ。