BOOK「リチウムイオン電池が未来を拓く」

リチウムイオン電池が未来を拓く
発明者・吉野彰が語る開発秘話
吉野彰著
(CMC出版:1,000円+税)

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰先生の本。
リチウムイオン電池は、スマホをはじめ身近なところでいろいろ使われていて、まさに世の中を変えた技術のひとつだと思う。むかし、ウォークマンを持ち歩いて外で音楽を聴く習慣はなかったけど、仕事で録音機能は頻繁に使っていたので、廃棄する使用済み電池は中々の量があった。最近ではテレビやエアコンのリモコンの電池交換くらいで、めったに電池を廃棄することがなくなった。それも吉野先生のお陰。
この本では、リチウムイオン電池の原理や開発に関することだけでなく、技術革新によって世の中がどう変わるか、今後どうなっていくかなど、吉野先生の考えがいろいろ述べられている。先日読んだ、『NHKカルチャーラジオ 科学と人間 電池が起こすエネルギー革命』とほぼ同じような内容だった。

MOOK「NHKカルチャーラジオ 科学と人間 吉野彰 電池が起こすエネルギー革命」

NHKカルチャーラジオ 科学と人間
吉野彰
電池が起こすエネルギー革命

吉野彰著
(NHK出版:985円+税)

NHKのラジオ第2放送のコンテンツ「カルチャーラジオ 科学と人間」シリーズをテキスト化した書籍。ノーベル化学賞を受賞した吉野彰先生のテキストを読んだ。
全13回の放送で、最初の数回は「電池の仕組み」や「電池の歴史」といった入門編。次いで、リチウムイオン電池の開発秘話など、吉野先生の研究開発、商品化に関わるお話。最後はリチウムイオン電池が世の中に与えた影響、今後の社会にどう貢献していくかなどの総括という構成。
ラジオ番組のテキストなので、ラジオにはない図解があったりして平易にわかりやすく、なにより読みやすい。マスコミの報道は研究開発での業績が中心で、商品の実用化、商品化への動きはあまり触れられていなかったけど、企業人としての側面にも触れられていて興味深かった。

BOOK「世界に勝てる! 日本発の科学技術」

世界に勝てる! 日本発の科学技術
志村幸雄著
(PHPサイエンス・ワールド新書:800円+税)
※古書を購入

「モノづくり日本」といわれて久しいけど、神戸製鋼所や三菱マテリアルなんかが、製品の性能を長年にわたって偽ってきたとか、日産自動車が品質検査をきちんと行ってこなかったとか・・・いろいろ目を覆いたくなる事態がつづいている。いままで、盲信に近い形で信じてき二メイドイン・ジャパンへの信頼も薄らいでしまうのじゃないかと心配だ。
この本では、いまのところ他国の追随を許さない「サイエンス型革新技術の創出」の代表として、アンドロイドロボット、スピントロニクス、ナノカーボン、高温超電導、光触媒…などについて紹介している。これだけいろいろあるなら、しばらくは安心だという気もするけど・・・韓国や中国に技術が流出して、あっという間にシェアを失うなんてことがないように気をつけないと。過去の二の舞にならないよう慎重にことを進めてもらいたい。

BOOK「pepper分解図鑑」

pepper分解図鑑
日経テクノロジーオンライン/日経エレクトロニクス/日経Robotics:編集
(日経BP社:25,000円+税)

たまたま知人が持っていたので「絶対に汚さない」「折り目を付けない」という約束で、1週間だけ拝借して読んだ。実際、読むときは白手袋を付けてページをめくった。
書名の通り、ソフトバンクが販売しているロボット『pepper』を分解したときの写真を、部位ごとに並べただけの本で、読むべき部分はほとんどない。しかも、部品のサイズを測るでもなく、重さを計るわけでもなく、ろくに調べてもいない。
実を言うと、pepperにはたいして興味はない。会ったことは1度だけ。2016年10月、リニューアルしたばかりの「TDK歴史みらい館」(秋田県にかほ市)のロビーで出迎えてくれたpepperに会ったことがある。あまり喋ってくれず、愛想のないヤツだという印象だった。
表紙を除いた総ページ数は100ページに満たない。印刷のクオリティやサイズは博物館の図録と同等だけど、図録のページ数と比べるとかなり薄い。でも、値段は図録の10倍くらい。
そのむかし、AIBOの分解本がヒットしたから、その二番煎じで・・・コレクターアイテムとして作ったのだろうけど、文字通りのコレクターアイテムだった。まあ、なかなか目にすることのできない貴重な本であることに間違いはなく、貸してくれた友人に感謝!^^

BOOK「基礎から学ぶ機械工学 キカイを学んでものづくり力を鍛える!」

基礎から学ぶ機械工学
キカイを学んでものづくり力を鍛える!

門田和雄著
(サイエンス・アイ新書:900円+税)
※古書を購入

古本を購入したら・・・美品ではあったけど、数カ所に鉛筆で書き込みがあった。
「アクチュエータ Actuator」という感じで、脈絡もなく抽出した単語と英語表記が並んでいる。傍線が引かれているでもなく、ドッグイヤが折られているでもなく、どういう興味で読み、書き込んだのか想像も付かない。
モノづくりの基本・・・道具と機械。人間は道具を作りだして、文化を進化させてきた。身の回りにも産業界にもいろいろあるけど、人間の手や力ではできないことをできるようにするという意味では、道具を道具以上にした存在なんだろうと思う。
まあ、世の中便利になりすぎているような気もするし、本当に人間のために役立っているのかわからないような機械もあるけど。
この本では、機械の材料力学、機械力学、機械要素といった基本中の基本からはじまり、センサとアクチュエータ、制御工学といった先端分野まで解説している。途中、熱力学と熱機関という章があって、ちょっと驚いた。いわれてみれば熱機関というのも機械だけど、読む前にはぜんぜん予想していなかった。
この分野にはあまり馴染みはなかったけど、素直に読み進められた。ちょうどよいレベルの入門書だった。

BOOK「新・材料化学の最前線 未来を創る「化学」の力」

新・材料化学の最前線
未来を創る「化学」の力

首都大学東京都市環境学部分子応用化学研究会 :編集
(講談社ブルーバックス:940円+税)
※古書を購入

古書の値段が落ちてきたので、ようやく読むことができた。ただ、当初期待していたような内容の本ではなかったので、ちょっとがっかりした。もちろん、それはこの本が悪いわけではない。
科学技術の進歩は文字通りにめざましいものがあり、すべての分野で、さわり程度にでもついていこうとしても、気がつくとどんどん置いてきぼりになってしまい、いつの間にかこんなことになっていたのかと驚くことが多い。ちょっとまえに、分子を一つひとつ見分けられるような電子顕微鏡が開発されたかと思っていたら、いまでは、分子一つ二つを自在に操って新素材を作ることができる、そんな技術が実用化されようとしていたりする。この本にはそんな21の最先端素材について紹介されているけど・・・それが実用化したら、普及したらどんなことになるのか、意外に分からない^^;; もしかすると、開発している人ですら想像できていないのではないかと思える気もする^^;
でも、気がつくといつの間にか身の回りの物にこういう新素材が当たり前のように使われていて、「あれ、むかしは鉄だったのに」「プラスチックにしてはちょっと変だけど・・・」などと思いながら、何の違和感もなく使い続けることになるんだろうな・・・。「どうしてこいつは、相変わらず鉄なんだろう?」なんて思っていたら、鉄は鉄でもぜんぜん違う鉄なんて言うこともあるだろうし・・・。でも、こういうのはまだわかりやすい。製品の中に組み込まれてしまうと、うつ何がどう変わったのかすら気づかずに、当たり前になってしまうんだから。

BOOK「トヨタ産業技術記念館 ガイドブック」

数日前、名古屋で見てきた「トヨタ産業技術記念館」のガイドブック。
タイトルはガイドブックだけど、320ページを超える厚さがあり、常設展示されている内容がほぼすべて掲載されているようなので、事実上は「図録」といってよい内容だと思う。もちろん、常設店の展示内容は変化するだろうけど、2014年の改訂版なので、大きな違いはないだろう。さすがに「世界のトヨタ」。企業博物館でこれだけのガイドブック(図録)を作っているところは、めったにないのではないだろうか。
「繊維機械館」の部分は、展示機械の積み重ねが、豊田佐吉が織機の改良・発明を重ねてきた歴史そのもので、いい換えるならば明治以降の日本の繊維産業の技術史そのもの。
全体の3分の2ほどを占める「自動車館」の部分も同様で、トヨタの黎明期の技術史は、そのまま日本の自動車黎明期の技術史といってよい内容だと思う。