未来創造(MIRAISZ)目覚まし時計【音声制御&時間投影】

かなり長いこと使ってきた目覚まし時計が、アラームのスイッチの接触が怪しくなってきて、セットした時刻に鳴ったり鳴らなかったりという・・・笑うに笑えない現象が起きはじめた。仕方がないので、買い換えることにしたわけだけど・・・変なものを見つけてしまい、つい、これにしてしまった。amazonでの購入価格は、なんと900円。中国製。電池は付いていなかった。
見た目はチープで、デザイン性は乏しい。900円なので文句は言わない。カレンダー表示、室温表示、スヌーズ機能といった基本的なものは搭載されていて、おまけに、というか、このおまけに吊られて買ってしまったわけだけど、プロジェクター機能で天井に時刻を投影する。しかも、机を軽く叩くか、近くで手拍子する音声操作で、5秒間だけ投影される。咳をしても光るときがあるけど、適切な感度だと思う。900円なのにすごい! 欲をいえば、電波時計であって欲しかったけど、いちばんすごいのは、安物の中国製なのにちゃんと動いているのがすごい!
問題は取説。細かな簡体字中国語と英語がギッシリ書かれた小さな紙片が一枚限りで・・・老眼鏡をかけてもぜんぜん読めない。しかたなく、スキャンして拡大表示。英中文を読み比べながら、どうにかアラームのセット方法も理解した。目覚めの音楽は最低レベル。900円だから文句は言わない。
でも、ボタンがとても操作しにくい。日常的にアラームをセットすることを何も考えていないらしい。まあ、あまりセットしやすくても、あと10分とか思って、再設定してしまうわけだけど・・・。って、RESETボタンがふつうに並んでいて、一発でリセットってどういうことだよ!!

山善 着脱式ホットプレート 1人用(波型プレート&鍋プレート付)YHC-W600(S)

鍋の季節になったけど・・・コンビニから卓上コンロのガスカートリッジを買ってくるのは不経済だし、空カートリッジのゴミ出しも面倒だと思い、一人鍋用の電気鍋を買うことにした。amazonで探してみたけど、予想外に良い商品がない。世の中、いままで肩身が狭かった「お一人様」がふつうになり、一人用の白物家電がいろいろ揃っているにもかかわらず、これはという電気鍋がない。電気鍋そのものの需要がないらしい。不思議だ。
で、妥協に妥協を重ねた末、購入したのがこれ。「山善」という廉価な商品をたくさん売っているメーカー製だけど、中途半端なものが多く、今ひとつ魅力に欠けるものばかり。商品開発力がないというか・・・頭の悪い商品開発担当者が、頭の中だけで考えた商品という感じで、試作品をちょっと使ってみたら改良点がすぐにでも分かるだろといいたくなるような、そんな不愉快さのある商品だけど、ギリギリ使えそうな感じ。
amazonでの購入価格は3,990円。いうまでもなく中国製。運良く、ちゃんと動作してくれた。中国製も進化しているとはいえ、こういう安物を通販で買うのって、一種のバクチだよな^^;;

東邦ガス ガスファンヒーター RC-24FSH(W)

わたしは北海道で生まれ育ったので、冬は部屋の空気を暖かくして薄着で過ごしたい。本州人のように、分厚いドテラかなにかで着ぶくれて、背中の寒さを我慢しながらこたつで丸くなるというのは苦手だ。苦手というか無理だ。
気象庁によると、この12月は例年より寒いらしいので、ガスファンヒーターの登場。以前使っていたものは、引っ越しで処分してしまったので買い直した。amazonで本体11,570円(ガスコード別)。製造国名はどこにも書かれていなかった。安全機能以外のつまらない機能は不要なので、いちばん小型で安いものにした。「東邦ガス」ブランドだけどリンナイのOEM。季節商品なので・・・昨シーズンの売れ残り、あるいは型番落ちかも知れない。
ガスファンヒーターは灯油のように燃料を補給する必要がないし、イヤなニオイも出ない。すぐに空気をあたためはじめる。たいていの電気暖房よりはパワフル。北海道人的には理想的な暖房器具だけど、本体値段がちょっと高め。別売のガスコードもそれなりの値段がする。ランニングコストは、電気だって暖房費はかさむわけだから、快適さの前にはあまり大きな問題ではない。お金のことをいえば、ドテラのランニングコストは無料。忍耐もプライスレス^^;
省エネを意識した「エコモード」が搭載されているけど、かなりおバカ。数分間隔で着火と消化を繰り返す。どれほどの省エネ効果があるのか疑問。
ガス器具メーカーは大型のラインナップを揃え、小型は品揃えが悪い。かつて、キッチンからガスコンセントが消え、ガス炊飯器が消滅していったように、リビングのガスコンセントもいまや絶滅危惧種。絶滅も間近なんだろうなぁ。

BESTEK 電源タップ AC8個口 USB4ポート 感電防止シャッター付き MRJ1870KU

ここ数年、PCに余計な外付けアクセサリなんかを追加していないし、意味不明の家電製品も増えてはいない。かなりシンプルな生活になっているはずなんだけど、部屋のコンセントが足りない。
リビングにコンセント2口が2ヶ所というのはどうなんだろう? キッチンにも2口しかないというのも・・・。いったいいつの時代の仕様なんだろう? たぶん、「団地」なんていうのが普及しはじめた昭和の高度成長期以降、あまり変わっていないんじゃないだろうか。
当然、テーブルタップ連用のタコ足配線になっているわけだけど・・・最近はACアダプターが増えて、テーブルタップは異形の塊になっている。でも、これを解消するベストなタップというのが、なかなか見つからない。探しに探してこれを買ってみたわけだけど・・・なかなか良い。USBポートもあるから、充電器が要らなくなったし。でも、けっこうデカイ。これが壁に埋め込まれていたらと思うと・・・かなりの存在感があるだろう。

CUO FUTURE オゾンエアー オゾン除菌&脱臭器

喫煙の習慣をいっさい変えずに、ましてや禁煙・節煙なんていう苦行もせずに、我が家のタバコのニオイをなんとかしてやろうと思い、「オゾン消臭器」を買ってみた。この季節、窓を開けて換気した方がカンタンで効果的なことは、重々承知しているが・・・。
amazonで18,000円。珍しいことに日本製。岡山市の製造元が作り、大阪の販売店が売っている商品。どちらも「オゾン」を主力とした商品を取りそろえている。
家庭用のオゾン消臭器は、どれもみんな数万円もして、しかも性能にはばらつきがあるらしい。これは比較的好評価を得ている商品で、しかも値段的には安い部類に入る。とはいえ、AC電源だけでなく充電でも使用でき、おまけに防滴仕様なので風呂場にも使える。業務用モード(約30畳まで。オゾン発生量10mg/h)、家庭用モード(2~18畳。オゾン発生量1〜4mg/h)と、これ一台でリビングから浴室まで消臭できる優れものらしい。ただし、高濃度のオゾンは身体に良くないから、業務用モードはめったに使わないだろうと思う。
どれだけの効果があるかは、しばらく使ってみてからのお楽しみ。わたしは、今どき珍しいチェーンスモーカーなので、もし我が家で効果があれば、かなりの性能といえるはず。でも、自分一人じゃ、すぐには効果を実感できないんだよな^^;;

YAMAZEN 電気フライヤー 揚げ物の達人 ホワイト YAC-120


身体のことを考えて、自宅で揚げ物を作るのを止めていた。でも、この度、身体のことを考えるのを止めて、自宅で揚げ物をふつうに作ることにした。揚げ物は、近所のスーパーやコンビニでいくらでも売っているけど、誰がなんと言っても、揚げたてがいちばん美味しいに決まっている!
ということで、フライヤーを買い直した。Amazonで4,997円。以前は象印のフライヤーを使っていたけど、今回はケチって山善にした。言うまでもなく中国製だけど、というか、最近は中国製だから良くないというのではなく、どれだけ製造時・出荷時にそのメーカーが品質管理を行っているかの問題で・・・ハイテク商品ではないし問題はない。