Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR

Nikon-Nikkor-18-55mm-VR.jpgもうすこし、Nikon のデジタル一眼レフカメラO-7000用の広角ズームレンズを1本購入した。ヤフオクで7.050円で落札+送料460円。新品のメーカー希望小売価格は37,800円(税抜35,000円)だから、まずまずの買い物。状態も悪くはない。
いま持っているズームレンズ「18-300」は、1本でなんでも撮影できる便利なレンズだけど、とにかく大きくて重たい。このレンズの大きさだけで、一眼レフの出番が大きく減っていることは否めない。
日常的によく使うのは広角側が多いので、軽くて小さめの「広角ズーム18-55」であれば、これだけでたいていの撮影はできる。惜しむらくは、開放値がちょっと暗いこと。あまりローキーな写真は撮らないだろうから、めったに困ることはないだろうけど。
標準で付属していないくらいだから、必ずしも必要のないものなのだろうけど・・・「レンズフード」が必要かどうかは悩むところだけど、念のために購入した。amazonでの購入価格は1,545円。

Nikon ステレオマイクロフォン ME1

nikon_me1.jpgamazonで欲しいものリストに入れ、半年以上値下がりするのを待っていた。ようやく9,000円を切ったので購入した。amazonでの購入価格は8,806円。残念なことに中国製。

不思議なことに、デジカメの内蔵マイクの多くは動画撮影時の録音のことをまったく気に掛けていないのか、あらぬ方向を向いて付けられている。撮影しながら自分の声を収録するのならともかく、被写体側の音をちゃんと拾うには外付けマイクが必要で、出来ることなら純正がいいだろうとこれにした。
でも、かすかにレンズのズーム音を拾ってしまう。内蔵されたフィルターでも完全にはカットされないらしい。Nikonは音響メーカーではないから・・・純正ではなく、SONYあたりのマイクの方がよかったかも知れない。
いままでは8mmビデオ時代のモノラルマイクを仕方なく使っていたけど、あまりにも巨大すぎて、撮影時に目立って仕方がなかった^^;; けっこう性能はいいんだけど。

Eye-Fi Pro X2 16GB Class10

eye-fi-02.jpgお遊びで、こんなものを買ってみた。Class10なら、それなりに使い物になるかも知れないし・・・。amazonでの購入価格は8,690円。タイ製。

eye-fi-01.jpg
どんなものかというと・・・デジカメのメモリにWi-Fiが搭載されたもの。撮影した写真は1分ほどでインターネット上のサーバに送られ、「Eye-Fiアプリ」をインストールしたタブレットPCに自動的に転送される仕組み。容量5GB(無料)のサーバには1週間ほど画像や動画が保存され、閲覧・配布ができる。容量を増やすオプションは有料。
商品レビューでは設定が面倒くさいようなことが書かれていたけど、特に面倒なこともなく、すぐに動作してくれた。構成機器は、デジカメがNikonの「D7000」と「COOLPIX P7100」、タブレットPCは「Kindle Fire HD」。
ただし、COOLPIX P7100で使う場合は、Eye-Fiを挿入しない状態でデジカメの電源を入れ、Eye-Fi機能をONにしないと動作しない(Eye-Fiを挿入にた状態では設定メニュー自体が正しく動作せず、設定できない)。D7000は工場出荷時の設定ですでにONになっているので、設定の変更は不要だった。
Kindle Fire HDの他に「REGZA Tablet AT3S0」でも試したけど、問題なく動いた。ただし、2台のタブレットに同時に送信する機能はないので、通常はKindle Fire HDに設定した。
でも、なぜ最初に「お遊び」と書いたかというと・・・Kindle Fire HDもREGZA Tablet AT3S0も、記憶容量は32GBしかない。ストレージとしては明らかに容量不足。日常的に不要な写真は削除して、人に見せびらかす写真だけを選ぶ必要がある。・・・まあ、一応のバックアップとして何か役に立つこともあるだろう。

Manfrotto ナノ・カメラポーチ 6型/黒MB SCP-6BB

Manfrotto_SCP-6BB.jpgコンパクトカメラでも、一眼レフでも、とにかくカメラを持ち歩くバッグって、いつも悩ましい問題で・・・いくつもいくつも買い直して、ようやくいいものを見つけたときには、新しいカメラを買い直すようなことになる^^;
昨年11月に購入した「Nikon デジタルカメラ COOLPIX P7100BK」。・・・今まで使っていたコンパクトカメラより、二回りくらい大きい。けっこう邪魔なサイズだけど、なんとか快適に持ち歩きたいと、またカメラポーチを買った。amazonのレビューで、P7100ユーザが良い評価を付けていたのでこれにした。amazonでの購入価格は1,218円。
P7100のボディにぴったりサイズ。いさぎよく、カメラだけを持ち歩くにはいいサイズだけど・・・使ってみると、これも一緒に入れたいとか、思い始めるんだよなぁ^^;;

Vanguard カメラバッグ Pampas 22

Vanguard_Pampas22.jpg
最近、諸事情あって、仕事でデジカメを使う機会が増えてしまったけど・・・先日購入した「Nikon デジタルカメラ COOLPIX P7100BK」がなかなかいい性能で、いろいろ活躍してくれている。その反面、「Nikon デジタル一眼レフカメラ D7000」の出番がますます減ってきた。
そこで、携帯性を考えて・・・また、カメラバッグを購入した。アマゾンでの購入価格は3,884円。・・・もういくつ目なのかわからない状態だけど^^;;
バッグの大きさは、カメラ以外に持ち歩く荷物次第で変わるので、どのサイズがベストということはない。いくつかサイズ違いを用意して、試行錯誤を重ねながら、便利な運び方を考えるしかないらしい。
・・・これって、よく考えると、銀塩カメラの時代にも、いくつもカメラバッグを買いそろえていたのと同じだったりする^^; だけど・・・あの頃に比べると、交換レンズは減ったし、フィルムもいらないし、持ち歩くものはかなり減っている。
でも、使い勝手の良いカメラバッグって、なかなか見つからない。

Amazon ベーシック ビデオカメラバッグ

amazon_videocamera_bag.jpg

先日購入した「Nikon デジタルカメラ COOLPIX P7100BK」と「Nikon スピードライト SB-400」用に、小さめのカメラポーチを購入した。amazonでの購入価格は1,374円。・・・本来はビデオカメラ用らしいけど、大きさはちょうどいい。

COOLPIX P7100BKは、いわゆるコンパクトデジカメより一回り大きいし、設定ダイヤルなどの突起物が多いので、鞄の中に転がしておくと、ちょっと邪魔くさいし、すぐに壊れそうな気がする。なんらかの保護措置が必要だろうと思ったわけだけど、少し過保護かも知れない。
そもそも、根本的な問題として・・・書類などを入れ通常持ち歩いているバッグに収まらないというのが、難点ではある。カメラって、どう持ち歩けば使い勝手がいいのか、銀塩写真の時代からこれといった解決策を見つけられない悩ましい問題だ^^;

Nikon スピードライト SB-400

Nikon_SB-400.jpg先日、コンパクトデジカメが壊れたので、「Nikon COOLPIX P7100BK」を買った。かなりのハイスペックカメラで、デジタル一眼レフカメラに匹敵する機能が満載されている。ほとんどが使う必要がない機能といってしまえばそれまでだけど、いろいろ楽しそうなカメラではある。

ただひとつ、内蔵ストロボが非常に小さいことが気に掛かった。デジカメは、いわゆるフィルム感度が高いので、通常の撮影では滅多に大きなストロボが必要になることはない。デジタル一眼レフであれば・・・どうしても大型ストロボが必要なときは、むかしの銀塩写真時代のストロボを使ってマニュアル撮影するという手もある。実際、そうやって数回乗り切ってきた。
COOLPIXも、なんと、マニュアル撮影ができるので、同様に大型ストロボで乗りきることはできるのだけど・・・さすがにグリップオンしたときのバランスが悪い。カメラ本体より、ストロボの方が大きいのだから^^;;
ということで、手軽なオートストロボを購入した。手のひらサイズでちょっとかわいい。amazonでの購入価格は11,635円。中国製。・・・とりあえずバウンス撮影ができるだけで、いろいろ役に立つはずだ。
Nikonの純正ストロボなので、デジタル一眼D7000でも使えるし、何らかの役には立つだろう。いままで持っていた大型ストロボよりコンパクトで、旅行などにも持って行きやすいし。