BOOK「元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち」

gensosyuukihyoude元素周期表で世界はすべて読み解ける
宇宙、地球、人体の成り立ち

吉田たかよし著
(光文社新書:amazon:616円)
※Kindle版を購入

高校時代、「化学 I」は暗記科目的な要素が強かったのか、比較的得意科目だった。しかし、文系だったこともあり、「化学 II」からなんとなく苦手になった。
でも、わたしは周期律表の意味はちゃんと理解していた。何という本かは忘れてしまったけど、周期律表について解説した本を読み、並び順に意味について正しく理解していたように思う。もし、高校時代に量子化学という学問の存在を知っていたら・・・まじめに数学も勉強して、その道を目指したかも知れない。でも、幸か不幸か、文系を目指したので、化学も数学もちゃんとは勉強しなかった。というか、高校では何も勉強しなかった^^;;
量子化学、医学の道を進んだ著者が、実践的な視点から周期律表を解説していて、この本は久しぶりに興味深く読むことができた。さらには、アストロバイオロジー(宇宙生物学)の研究でも分子の振る舞いは重要な要素で、周期律表が役に立つというのだから、とても興味深い。
そういえば、ノーベル科学賞を授賞した根岸英一先生だったろうか・・・常に背広のポケットに周期律表を忍ばせ、いつでも見られるようにしていると言っていたのは・・・。
syuukiritsuhyou
そう言えば、原子番号113番の元素は、日本の理化学研究所仁科加速器研究センターのチームが合成に成功して、その命名権を得た。このニュースから半年ほど過ぎたけど、なんという名前になるのか、まだ続報はない。