BOOK「物理学はいかに創られたか(上)」

butsurigakuhaikani-1物理学はいかに創られたか(上巻) 
アインシュタイン/インフェルト著
石原純:翻訳
(岩波新書:720円+税)
※古書を購入

古本屋でいつでも買えると思って、ずーっと後回しにしてきたけど、読みたい本がなく、ついに読むことにした。新書を多少なりとも揃えた古本屋なら、ほぼ確実に在庫がある本なのに、それなりに需要があるらしく、120円の値段が付いていた。
20世紀の物理学の大御所が、極力数式などを使わず、一般の人向けにわかりやすく物理学の基礎を解説した本。この上巻は、ニュートンの力学、マックスウェルの電磁気学を解説している。言い換えれば、現代物理学でいうところの4つの力の内、「重力」と「電磁気力」。当時の学術的背景なども紹介し、だれが何を考えどうしてこの法則を発見したのか? さらには誰がどのように反論したかなど、物理法則として認知される経緯など科学史的内容を含めているので、読み物としても面白い。
いかにも、文系学生の一般教養科目の「科学史」あたりで課題として使われそうな本^^;;