コミックス「げんしけん 20 二代目の十一」

genshiken_20げんしけん 二代目の十一 20
木尾士目著
(アフタヌーンコミックス:amazon:540円)
※Kindle版を購入

いまだ日光東照宮での朽木くんの追い出し旅行。というか、斑目くんの修羅場が山場を迎えた。
その陰で、矢島っちとハトくんの山場。矢島っちは、デブ&ブスのコンプレックスの塊状態だから、なんとも描かれるすべてが不憫で仕方がない。斑目くんとは別に、矢島っちにも幸せが訪れる展開ってないのかな・・・。
そして斑目くんは・・・なんとなく、スーとハトくんに絞り込んでしまったようだけど、スーはともかくとして・・・ハトくんの場合以前から気になっていたことがあって、その問題が今回ついに登場した^^;; 以前、ハトくんは斑目くんのことを「総ウケ」といったけど、ハト×ラメなのかラメ×ハトなのか? ハトくんの気持ちがどちらなのか。でも、現実はといえば、いままでずっと斑目くんは、ハトくんに対してもウケであり続けてきたわけで・・・^^;;
長かったけど、次巻でついに最後の審判が下される。