今年も日本人科学者がノーベル賞を受賞した

2016-10-03nobel_ohkuma大隅良典東京工業大栄誉教授の医学・生理学賞受賞が発表された。これで、日本のノーベル賞受賞は3年連続。アメリカ国籍に変わった人を含めて計25人目。科学3賞の中で、日本人受賞者が少ない医学・生理学賞は、昨年の大村智先生に続いて4人目。しかも今回は単独受賞。
受賞理由は、細胞内の不要になったたんぱく質を細胞自らが分解し、栄養源としてリサイクルする自食作用「オートファジー」を司る遺伝子を発見。以後、同様の遺伝子を多数発見し、オートファジーの仕組みを解明したこと。オートファジーの名前はなにかの本で読んで知っていた。生物学の基本的な仕組みだから、重要な業績だとは思っていたけど、まだ医療分野など応用はされていないので、ノーベル賞には早いのではないかと思っていた。今年は受賞者がないだろうと予想していたので、初日の医学・生理学賞の発表でいきなり意表を突かれた。でも、ちょっとすごいな^^