BOOK「僕はやっぱり気づかない 4」

僕はやっぱり気づかない 4
望公太著
イラスト:タカツキイチ
(HJ文庫:619円+税)
※古書を購入

この巻は水着回。で、神楽井先輩がメインの内容。コン部の夏合宿で海に来た。でも、海水浴のテンプレはほとんど使われていない。ふつう、夏合宿といえば、露天風呂、浴衣、花火、夏祭り、肝試し・・・などなどいろいろあるけど、浜辺でのスイカ割り、露天風呂のシーンがある程度だった。
ここまでの3巻は、ラノベの古典的手法を積み重ねる形で構成されていたけど、この巻は・・・神様のように世界を改変してしまうワガママ少女のお守りをする世界一売れたラノベ作品で、夏休みの最後の1週間を何度も繰り返してしまうという話と似たような手法が使われていた。これは定番テンプレといって良いものか?
まあ、オチの部分はすこしだけオリジナルっぽいけど・・・でも、これって、よくよく考えるといわゆる「夢オチ」の一種だよな^^;;