BOOK「竜と勇者と可愛げのない私 3」

竜と勇者と可愛げのない私 3
志村一矢著
イラスト:ぎん太
(電撃文庫:570円+税)
※古書を購入

フェブロニアにある天空観測所に向かう一行に、魔王の娘ふたりが立ちはだかった。アイネイアとノェル。・・・悪魔が人間より良いやつだったり、人間同様の感情を持つ存在だったりという設定はたまにあるけど、アイネイアとノェルはこのタイプで・・・アホタレと同類。ノェルはアンジュたちの味方となり、おまけに、フェブロニアの「恒久平和の実現者」のひとりジェイドまで味方となり、アイネイアを説得するという構図。
この感じでは、最後は魔王まで感化してハッピーエンドということになりかねない・・・。なにせ、悪魔の男性は黒死病で激減し、黒死病を逃れるために悪魔は人間界に攻め入ろうとしているわけで・・・黒死病の治療法さえ得られれば、説得できる可能性もあるようなので・・・。黒竜ヴリトラからは竜宝玉を入手できなかったけど・・・魔王の娘5人のうち、これで3人が下った。
アホタレは、アンジェにディスられつづけながら、微妙にデレはじめているけど、こんなに早くデレてしまって良いものだろうか?