コミックス「ふらいんぐうぃっち 6」

ふらいんぐうぃっち 6
石塚千尋著
(講談社:amazon:432円)
※Kindle版を購入

もつ喰いてー!!
この巻を読んだ感想はこの一言に尽きる。弘前市周辺に、お祝いのためにもつを食べる習慣があるのかはよく分からないけど・・・単純に、炭火で焼いたもつが食べたくなった。
いつも通りののんびりとした展開だけど・・・新キャラが投入された。高校の一学年先輩の魔女・鹿角小夜。少しきつそうなキャラだけど、根はいい人という感じ。
小夜の顔のパースが微妙に狂っているような気もするけど、この巻は、全体的に絵のタッチがおかしいんじゃないだろうか。特に、マコトのキャラ付けの表情とか、絵のタッチがすこし変わってきた感じ。意図してのことなのかはわからない・・・単にアシスタントさんが変わったとかいう理由かも知れないけど^^;;