北海道立北方民族博物館(北海道網走市)


日本のアイヌ民族を含め、東はグリーンランドから西はスカンジナビアの北方民族に関する民族学博物館。世界でも珍しい博物館らしい。
日本の歴史を考えると、どうしても中国大陸とのつながりから、東シナ海や日本海が舞台となる。時代が新しくなると、これに太平洋が加わる。そしてようやく、幕末あたりから北海道(蝦夷地)が登場するけど・・・オホーツク海はほとんど視野に入ってこない。せいぜい、間宮林蔵関連で単語として出てくるかどうか、といったところ。でも、北海道の先住民族であるアイヌの人たちにも歴史はあって、古くから独自の文化を持っていた。他の北方民族との交流もあった。だから、こういう北方民族という世界観でのとらえ方もあるわけだ。
それにしても、人間というのはすごいと思う。選りに選って、草木もろくに生えないような厳寒の地にまで広がり、そこで暮らし続けるんだから・・・。