網走市立郷土博物館分館モヨロ貝塚館(北海道網走市)


仕事で網走市に来たので、空き時間に見学に来た。
モヨロ貝塚は、網走川の河口にある約1300年前の遺跡。大陸から渡ってきた人々が生んだ独特な「オホーツク文化」の様子を知ることができる多くの出土品が発見された。1300年前というと、内地では奈良時代あたり。北海道では続縄文時代が終わり、擦文時代と呼ばれる独特な土器様式の時代に変わった頃。擦文式土器は、内地の土師器の影響を受けて成立したはず。
わたしは北海道生まれなので、同じ時代の貝塚の展示を見たことはあるけど、正直いって詳しいわけではないので、違いはよく分からなかった。ただ、オホーツク海に面して暮らしていた人たちなので、海獣狩猟と漁労に関する出土品が目に付いたという印象。
この貝塚の出土品の一部は、網走市立郷土博物館本館にも展示されている。