本を読まない人のための電子書籍リーダーKindle Paperwhite

kindle_paperwhite.jpgKindle Paperwhiteって、スペック的には約4000冊の本を持ち歩けると謳っている。しかも、テレビCMで「一生分の本を持ち歩ける」などという言い方もしていた。で、いま現在、わたしのKindle Paperwhiteには、文字中心の文庫本&新書が356冊、コミックスが38冊、辞書が6冊しかDLされていないのに・・・昨夜、こんなメッセージが表示された。ついでにいっておくと、自分でアップしたドキュメントはひとつもない。

端末のメモリ不足
端末にソフトウェアのアップデートをインストールするために必要なスペースがありません。ライブラリからアイテムを削除してください。必要なスペースが確保されると、ソフトウェアのアップデートがバックグラウンドで自動的に開始されます。

まさか、Kindle Paperwhiteが想定するユーザの一生分の読書量は、1000冊未満ということなんだろうか? かねてから疑っていたけど、Kindle Paperwhiteは本を読まない人のための電子書籍リーダーであることが、こんな形で証明されてしまった。まあ、そんなにたくさん持ち歩くメリットは何もないんだけど^^;
なんにせよ、コレクション単位でどかどか削除するしかないのだろう・・・って、実際の操作は一冊ずつだけど。レスポンスの悪いKindle Paperwhiteでは、「端末から削除」を何度も続けて操作すること自体、ものすごい忍耐力が必要なんだよなぁ。