BOOK「“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店」

“不思議”取り扱います
付喪堂骨董店

御堂彰彦著
イラスト:タケシマサトシ
(電撃文庫:590円+税)
※古書を購入

ラブコメばかりというのも飽きが来るので、ちょっと違うタイプのラノベをということで、全7巻を古書でまとめ買いした。最近、amazonのマーケットプレイスの送料が便乗値上げされることが多く、古書はまとめ買いがますますお得になってきた。
この第1巻が2006年に出版されているので、10年以上前のシリーズ。いわゆる骨董屋の「魔アイテム」もの。ただし、大半が偽物。似たような設定のお話は・・・『悪魔のミカタ』というのを数冊読んだことがある。
右眼に義眼『ヴィジョン』を埋め込んで未来視ができる来栖刻也、魔道具店「付喪堂骨董店~FAKE~」のアルバイト高校生。同じく住み込みバイトで無愛想な無表情美少女・舞野咲、そしてカッコイイ美人の店主・摂津都和子。ラノベの舞台となる骨董屋、古本屋といった流行らない店の店主は、みんなものぐさだという決まりがあるのか、都和子もお約束通りの性格をしている。
各話にそれぞれ「アンティーク」に関わる不思議な出来事が起きる連作短編のような構成で、ミステリー要素も含みながら・・・基本は暇な店番の日常系という感じ・・・。今後、咲と刻也の恋愛ものに発展するんだろうか? 明確なフラグはないけど、それらしい気配はある。
各話、完全に解決しているわけではないけど・・・これで良いのだろうか?