BOOK「デート・ア・ライブ アンコール 7」

デート・ア・ライブ アンコール 7
橘 公司著
イラスト:つなこ
(富士見ファンタジア文庫:amazon:540円)
※Kindle版を購入

このシリーズは短編集がよく出るけど、微妙に内容が変化してきているらしい。いままでは、士道くんを中心にして、釣った魚にエサをやるようなお話が多かったけど、この巻は、精霊の女の子たちが士道くん抜きでふつうに暮らしている、あるいは暮らしていこうという内容に変わってきている。精霊の自立は・・・人間と精霊の共存を目指しているラタトクスの路線が成功しはじめているというか、完結に向けての変化なのかもしれない。
ヒロインがたくさんいるシリーズなので、全員に大きな出番があったわけではないけど、それなりに公平に出番を回したという感じ。そもそも小ネタの短編だから、どうといったお話はないわけだけれど・・・。
ヒロインではないラタトクスのスタッフにまで登場機会を作っていた。さて、ロリコンでドMの神無月恭平と、見た目ロリの岡崎珠恵先生の間に果たしてロマンスは生まれるのだろうか?