BOOK「異世界拷問姫 2【電子特典付き】」

異世界拷問姫(第2巻)【電子特典付き】
綾里けいし著
イラスト:鵜飼沙樹
(MF文庫J:amazon:310円)
※Kindle版を購入

陰鬱な話なのでどうしようかと思ったけど、ラブコメばかりでは飽きてくるので、もう一巻だけ勢いで読んでみることにした。相変わらず、「拷問」ではなく大量虐殺と猟奇殺人が続いている。そもそも、「拷問」は自白などを強要するために行うものだけど、エリザベートやその敵たちは殺すことそのものが目的だからなぁ。
前巻、エリザベートと櫂人、ヒナが悪魔の最上位〈皇帝〉を曲がりなりにも倒したので、この巻では次の実力者「大王」との戦い。・・・約束どおり、ここらで主人公が強くならなければいけないわけだけど・・・なんかすごく薄っぺらいお話だという印象。これだけ大量に人の命をないがしろにしておきながら・・・いろいろぐだぐだいう割に、ぜんぜん話に深みがない。単に、残酷でグロくて、ショッキングな単語を並べ立てたいがための物語という感じがしてしまう。それでいて、多少は戦闘シーンがあるくらいで、日常系ほのぼのラノベに毛の生えたような展開しかなかった。読んでいて、とても物足りない。
まだ続巻が出ているようだけど、このシリーズを読むのはここまでということで。