BOOK「江戸の遺伝子」

江戸の遺伝子
徳川恒孝著
(PHP文庫:648円+税)
※古書を購入

徳川将軍家の末裔によって書かれた本。
江戸時代の評価が見直されて幾久しいけど、江戸時代について書かれた本を読む度に、そのユニークさとすごさに気づかされる。100年近く内戦で殺し合った後、300年近くも平和で繁栄した時代が続いたこともそうだけど・・・徳川家の政権の取り方、そして政権の放棄のし方が奇跡のようにすごい。しかもその間、植民地を広げる欧米列強とは最小限の付き合いしかしていない。
わたしの世代は、明治政府にはじまる徳川幕府否定の歴史観をベースに、日教組による唯物史観の偏向した歴史を教えられので、尚更そう感じるんだけど・・・でも、徳川将軍家の末裔に、江戸幕府の政策は良かったと手前味噌を重ねられると・・・ちょっとムッとする^^;;
だけど、いちばん驚くことは・・・そもそも、江戸時代が終わってまだ150年しか経っていないんだということ。しかも、その150年の内の3分の1をわたしは生きているわけで・・・。