コミックス「おしえて! ギャル子ちゃん 4」

おしえて!ギャル子ちゃん(第4巻)
鈴木健也著
(メディアファクトリーコミックス:880円+税)
※古書を購入

第3巻まで読んだ惰性で第4巻。
エロネタが尽きてしまったのか、ふつうのあるあるネタばかりになってしまい・・・そのふつうのあるあるネタも限界なのか、やたらと映画ネタをギャル子がまじめに語りはじめて・・・ギャル子がかなり常識的なキャラになってきて・・・なぜかギャル子のお姉ちゃんの出番がやたらと増え・・・第4巻にもなると、カバーのムダに贅沢なバーコ印刷にも驚かなくなってしまった。こうなると、このまんがに残されたものは・・・巨乳しかない。
で、終わりの方は巨乳のオンパレード。みんなギャル子の家族だけど・・・遺伝なのか、家庭環境の性なのか・・・。ただし、同級生の肉子は巨乳ではない。あれはただのデブ。
さて、このまんがはこの巻までで、続きを読むことはないだろうな・・・。