コミックス「のんのんびより 12」

のんのんびより 12
あっと著
(コミックアライブ:amazon:535円)
※Kindle版を購入

以前は、田舎暮らしのあるあるネタを学校行事や年中行事などでたどってきたまんがだけど、いよいよネタが尽きたらしく、文字通りの日常系になってきて、これといったことも起きない普通の日常生活だけになってきた。でも、一応この巻のテーマは「夏」。良くいうと、こういうのんびりした内容の方が、このまんがらしく思う。悪いいい方をすると、マンネリ化しているということだけど。・・・だけど、アニメの第2期にはなりにくいだろうな。
螢ちゃんもすっかり田舎暮らしに馴染んできた。ヤモリ捕りしたりしてすっかり田舎者になったと思ったら・・・ロボットキットを作ったりかぁ・・・。やっぱり都会の人間なんだな、両親が。裕福な家庭のようだし。
れんちょんが「お姉ちゃん」と呼ばれて嬉しいのはわかるけど・・・このまんがはサザエさん方式になってしまったから、れんちょんがこれ以上大きくなることはない。来年も再来年も、そのまた翌年も連載が続く限り、いちばんの末っ子として・・・トマトを何度も育てることだろう。夏海ちゃんも、5年前からぜんぜん成長していないようだし^^;;