BOOK「上等。シリーズ 1 クリスマス上等。」

上等。シリーズ 1
クリスマス上等。

三浦勇雄著
イラスト:屡那
(MF文庫J:580円+税)
※古書を購入

読みたいラノベが減ってきて、amazonで古本を探して見つけてまとめ買いしたシリーズ。2004年から出版されたラノベなので、まだテンプレ化が進んでいない時代の学園もの。『上等。シリーズ』は全8巻で完結しているはず。
クリスマス・イヴをボッチ状態でもてあましていた五十嵐鉄平の元に、突如、「内世界」から来たというテレビクルーが現れ、特別番組として、鉄平がクリスマスイブの夜、両親を亡くしたばかりの薄幸少女・古都ゆかりを3時間以内に救済しろという。テレビクルーの槍ヶ岳さんの強引なしゃべりで、初期設定が説明されたけど・・・はっきりいってよくわからない。
その古都ゆかりは、実は大企業の元社長令嬢。両親が亡くなり、祖父が社長に返り咲いているので社長孫だった。祖父主催のクリスマスパーティにテロリストの襲撃。祖父とゆかりが誘拐され・・・。別世界から来たテロリストに、普通の高校生が戦いを挑み・・・人質に取られた薄幸少女を救うという・・・スーパーヒーロー的な物語だったけど、実時間ではわずか4時間強。その分、密度の高い展開だった。
このテレビクルーの設定は次巻からもイキで、たぶんゆかりもヒロインとして登場するのだろう。そして、槍ヶ岳さん仕込みの元、いろいろこき使われるのだろう。