BOOK「ゲーマーズ! 9 雨野景太と青春スキルリセット」

ゲーマーズ!
9 雨野景太と青春スキルリセット

葵せきな著
イラスト:仙人掌
(MF文庫J:amazon:583円)
※Kindle版を購入

前巻のクリスマスは、正直いって意味不明の巻だった。わからないままにその続きの元旦・・・初詣。
雨野くんが星ノ守さんを異性として意識していることを知られてあたふたしているけど・・・結局は、壊れた天童さんのひとり相撲なんだよな・・・。天童さんがおかしなレールを敷き、雨野くんが不用意に突っ走る・・・その結果、みんなが迷走していってしまう・・・。
ここの登場人物は、そういう自分たちの行動パターン・・・すれ違い・勘違いが元凶であることを知っているから、尚更話がややこしい。それに対して、雨野くんは「出ざる」「言わざる」「揉めざる」・・・ホワイトデーのゴールまで天童さん一途に手堅く進むという。この小説から天野くんの不用意な言動とみんなの勘違いを取り除いたら・・・つまらんイチャイチャ話しか残らないじゃないか。まあ、それは雨野くんの成長というか、配慮の賜なんだろうけど・・・これって、おさわがせキャラデある雨野くんのキャラ崩壊に等しいんじゃないだろうか?
それはさておき、幼女・美衣とその「ママ」こと伏黒真音。第9巻にもなって、強烈な新キャラをぶち込んできたものだ^^;; ぬるめのラブコメには似つかわしくない、最初から壊れたキャラ。今後は天道さんとも絡んでいきそうだし・・・。
その天道さん、最初は学校一のアイドルだったはず。この小説は天道花憐がキャラ崩壊するお話だけど・・・最近は金色の謎生物にまで成り下がっている。しかも、学校の廊下で。ここまで壊れて・・・いいんだろうか?