BOOK「絶対彼女作らせるガール! 2」

絶対彼女作らせるガール!
(第2巻)

まほろ勇太著
イラスト:あやみ
(MF文庫J:amazon:626円)
※Kindle版を購入

さて、読み続けるか切り捨てかの判断のしどころ、真価が問われる第2巻。
「女神スイッチ」が入ってしまった白星さんが、亀丸くんに彼女ができるまでの「練習彼女」になった。おかげで、亀丸くんへの周囲からの風当たりは強い。そんなせいで、亀丸くんは、学園祭のミスターコンのクラス代表を押しつけられてしまった。・・・7月はじめに学園祭がある設定は珍しいかも。
天然の白星さんは声援してかき回すだけ。実際は猪熊みりあと鷹見エレナが、なんだかんだ亀丸くんを支援して、どうにかしてしまうという展開。その結果、亀丸くんに少しずつ男子力を向上させていく・・・。ここに新キャラの鶴姫愛梨が加わった。名前でいえば、鶴亀でちょうどカップリングできるけど・・・。さらに、転校生・蛇乃目杏南・・・猪熊さんと敵対するキャラとして登場はしたけど・・・。前巻で亀丸くんがフラれたはずの獅子神玲花生徒会長にも妙なフラグが立っているし・・・これじゃ、ハーレム一直線じゃないか。一気にヒロインが増えたけど、この巻は猪熊さんと鶴姫さんのターンだった。ということは、次巻があるとしたら、鷹見さんのターンなのだろう。
それにしてもこじらせたキャラばかり登場するなぁ。まあ、キャラはともかく・・・意図的なものは感じるけど、全体的にヒロインたちのネーミングセンスが酷すぎじゃないか。