コミックス「3月のライオン 6」

3月のライオン(第6巻)
羽海野チカ著
(白泉社:486円+税)
※古書を購入

ひなちゃんへのいじめがいよいよ本格化して、暗い話になってきた。桐山くんも空回りしているとはいえ、この問題を中心にすべてが動いている。というか、桐山くんは「勝つ目的がない」などと悩んでいたけど、いまではお金目当てにがんばって、新人賞まで取る気になっている。その意味では、ひなちゃんはいじめられながらも、桐山くんの恩人であり続けているわけだ。新人王という面では、二階堂くんも恩人だけど、新人王をとったから恩返しはできているよな。
島田さん愛用の胃薬って、とても気になる。すごく効きそうだけど、市販薬だよな? 処方薬を人にあげるのは、法的に問題がありそうだし・・・。鴨川の河原で出会った桐山くんとひなちゃん、ドラマの最終回のようなシーンだけど・・・まだ何も問題は解決していない。
余談だけど・・・マンガの間に挟まっているコラムに「棋士の収入」の話があった。たぶん、現時点で桐山くんの年収は600万くらいだと想像した。新人王をとればもっといくはず。史上5人目の中学生プロ棋士という設定で、将来はタイトルにも手が届く存在だから、生涯収入は・・・。一方、プロ野球選手を目指す高橋くんは、仮にそこそこの選手になれたとして・・・。二人とも未知数ではあるけど、どちらかというと手堅いのは桐山くんかな。現役でいられる期間が圧倒的に長いから。高橋くんには、大リーガーに化ける可能性がないわけではないけど。ひなちゃん、お金で選ぶなら桐山くん、ルックスと性格で選ぶなら高橋くん、どちらを選ぶんだろうか?^^;;