コミックス「3月のライオン 13」

3月のライオン(第13巻)
羽海野チカ著
(白泉社:486円+税)
※古書を購入

現状での最新巻にたどり着いてしまった。今までにない表紙なので、将棋が前面にくるのかと思ったら・・・いきなり、あかりさんへのフラグの件だった。でも、選りに選って林田先生と島田さんとはなぁ。二人とも36歳だから、あかりさんとは12歳の年の差かぁ・・・。
一方、桐山くんの「婚約」についてのうわさは広がっているようだけど、周辺の反応はあっさりしているというか・・・桐山くんの思い込みの「脳内婚約」ということになっているらしい。
将棋の方は二階堂くんのターン。宗谷名人との初公式戦。桐山くんは出番もないままに敗退。まあ、最近は野球マンガですら、主人公だからという理由では連戦連勝できない時代だから仕方がない。そして、死神・滑川七段まで描かれた。滑川さん、実家が葬儀屋ではあるけれど、人間性は死神というほどではないみたいだ。
死神・滑川七段の話が伏線だったわけではないだろうけど・・・久しぶりに桐山くんの義姉・香子が登場した。そして、後藤さんの奥さんの容態が思わしくないことをにおわせていた。でも、このお話で、香子は救済されたようだ。今後、本編に絡んでくるんだろうか? ひなちゃんから見ると小姑の立ち位置なんだけど・・・。