BOOK「戦うパン屋と機械じかけの看板娘 7」

戦うパン屋と機械じかけの看板娘(第7巻)
SOW著
イラスト:ザザ
(HJ文庫:638円+税)
※古書を購入

この巻から新章のはじまり。ゲーニッツが死んだあと、今度はゲーニッツの亡霊と戦うことになるらしい・・・。
パン屋トッカーブロートにテロリストもどきの銀行強盗ミロスラフが立てこもり、ルートが軽い怪我をした。この事件に関する根も葉もないデタラメな記事が、遠く異国のグルーテンの雑誌に載り、その記事が地元紙に転載されてしまった。その結果、市民団体がルートの店を取り囲むことになった。現実社会やネットの中にも時々見かけるタチの悪い状況で、トッカーブロートは閉店状態。
そして、ようやくマリーが登場した。かつて、ルートが潜入活動中にパン作りを修業したパン屋の娘にして・・・人気作家、ジャーナリスト、弁護士。そしてラプチュリカ虐殺の生き残り。ゴミのような市民活動家連中はどうでもいいけど・・・主人公のルートが過去にしでかした事件を、その被害者マリーから追及されるようなシーンは、厚みのある物語ではあるんだろうけど、読んでいてあまり気持ちのいいものではないな。たとえ、その陰に平和教・・・手段を選ばない積極的平和主義者集団や国外勢力なんかがが暗躍していたとしても。
ルートはミロスラフの法廷に証人として呼ばれ、マリーの私怨ともいえるかたちで、ラプチュリカ虐殺の真相を暴かれそうになる・・・。
現代日本を描いた小説ではないけど・・・法廷シーンと理論は穴だらけで、この巻は今までになくかなりひどい内容だった。この小説での設定はこうなんだよといわれれば、仕方がないけど・・・。