BOOK「王手桂香取り! 3」

王手桂香取り!(第3巻)
青葉優一著
イラスト:REI
(電撃文庫:610円+税)
※古書を購入

中学生将棋大会団体戦は惜しくも2位だった。そして夏休みが明けて、次はペアマッチ将棋大会。こういう将棋がラノベで描かれるのは初めて見た。将棋とはいえ、卓球やバトミントンのダブルスと同じで、二人のレベルが揃っていないと実力は発揮できない。将棋の場合、それとは違ったペアの意義があるんだろうか? まあ、ラブコメ的には、あゆむと桂香先輩の関係には影響があるけど・・・。
この大会のラスボスは、母親と息子のペア・・・栄村親子。息子の陽太くんは小二なのに奨励会クラスの実力。桂香先輩にとっては中学最高の思い出となったけど・・・あゆむ、完全にカンニングだ。対して陽太くんは立派だ。藤井聡太くんの子ども時代のように、負けても泣かなかった。プロを目指す覚悟もある。
「将棋の女王様に微笑まれる棋士」というと格好良く聞こえるけど、こういうカンニングのようなことをしている実態を読んでしまうと、素直にあゆむを応援できないなぁ。あゆむは大橋名人の弟子になり、奨励会に入ってプロ棋士になる。きっと、名人位にも手が届くのだろうけど・・・やっぱり、どう考えても反則だな。
この巻になって、将棋の神様たちのことを「駒娘」と表現しはじめた。小さなことだけど・・・こういうノリをもっと前面に立てて欲しかった。
<完結>