BOOK「数字で救う!弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。」

数字で救う!弱小国家
電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。

長田信織著
イラスト:紅緒
(電撃文庫:610円+税)
※古書を購入

数学者を祖父に持ち、大学で数学を学んだナオキ。諸事情あって就職に失敗したためアルバイト暮らし。引っ越し屋のアルバイト中、エレベーターの事故で・・・異世界に転生してしまった。転生先は、ファベール王国。軍事力、経済力共に貧困で、近隣諸国から圧迫を受け、正に隣国と戦争がはじまろうとしていた。国王は病床にあり、第一王女ソアラが国政を代行しているが、重臣たちは目先のことに目を奪われ、問題の本質を見ようとしない。そのソアラ王女の下、ナオキは数学を使って国を救う手伝いをすることになった。
読んでいて、常に「無理矢理」感がつきまとった。はっきりいって、数学が邪魔をしている。無理矢理、数学を小説に持ち込んだために、身の回りの例を持ち出したりして、小説としての完成度を下げている。
そもそも、ファベール王国の場合、数学や理論的思考以前の問題で、国王以下、老害はびこる蒙昧な体制にこそ問題がある。戦争に対する価値観が変わるような動きは理論では起こせない。こういう国は愚王とともに一度亡びて、その経験則から価値観の変革が起きるものだろう。
最後まで「数学を愛する主人公」に共感できなかったし、むしろ嫌いな人物像として見えてしまった。