BOOK「泳ぎません。 2」

泳ぎません。(第2巻)
比嘉智康著
イラスト:はましま薫夫
(MF文庫J:580円+税)
※古書を購入

第2巻からがらっと構成が変わった。変わったというか、別の作品になったというか、自らスピンオフに化けたというか・・・。前巻、ちょい役として登場した新聞部の神卵太郎くんが主人公になった。神くんが、学校一の美少女小田部桜子から告白され、隣の家の小六の女の子・森美唄とプールに通って・・・と、日常系からラブコメに変わった。
それでも「水泳」という設定は変わらず、水泳部顧問の野々宮先生がおっぱい要員として登場し、前巻の水泳部員3人も再び戻ってきた。一応、神くんが水泳部に体験入部する経緯を描かれていたわけだけど・・・。
前巻からこの巻の間に、作者と担当編集者の間でなにが話し合われ、いったいどういう合意が成されたのだろう? 前巻は、特に面白いラノベではなかったけど・・・最初からこの巻を書いていたら、ふつうのラブコメとして成立していたはず。で、結末もなにもないまま、あとがきで完結が宣言されていた。典型的な「次巻で打ち切り」で辻褄を合わせ・・・なのか? わけがわからん。