BOOK「出会ってひと突きで絶頂除霊! 3【Kindle限定 かきおろしSS付き 電子特典版】」

出会ってひと突きで絶頂除霊! 3
【Kindle限定 かきおろしSS付き 電子特典版】
赤城大空著
イラスト:魔太郎
(ガガガ文庫:amazon:658円)
※Kindle版を購入

この巻、いきなりすごいシーンからはじまった。ラノベでここまで描写して大丈夫なんだろうか? ガガガ文庫というより、美少女文庫とかオシリス文庫の雰囲気なんだけど・・・^^;;
今回も霊級格6以上の怪異の除霊。エロゲーム『ホテルラブンツェルン』自体が怪異で、プレーヤーを異空間に転移させ、ゲーム内で女の子を絶頂に導き、ヒントを獲得しながら進む脱出ゲーム。途中、プレーヤーが先に絶頂に達してしまうとゲームオーバー、空間内に閉じ込められてしまう。しかし、誰か一人でもすべてをクリアできれば、とらわれた全員が解放されるという。そこで、絶頂除霊の晴久に白羽の矢が立った。
エロゲ『ホテルラブンツェルン』は、超お嬢様学校である白雪女学院の生徒・小日向静香を核として生まれた怪異。静香の母親を中心とするカルト集団により生み出された。その背後にはラスボスらしき魔族・アンドロマリウス・・・着崩した制服を纏った扇情的な少女姿の魔族。晴久と美咲が持つ特異な能力・・・性遺物に関係しているらしい。
この巻になって、ミホトという名の美少女が登場した。晴久に封印されている絶頂除霊の本体というか、正体というか・・・表紙のイラストの女の子。正体は明かされていないけど、美咲もなにかに覚醒したらしい。
ストーリーのあるジュブナイルポルノという感じで、次巻も続くのだろう。