Panasonic モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 5,000mAh QE-AL201-K

頻繁に使うわけではないけど、モバイルバッテリーがへたってきたので買い換えた。充電機能付きにしたので、充電器を持ち歩く必要がなくなったけど、思ったよりデカイ。
amazonで5000円。中国製。
いくつか出張が続くので、一応、最新の機内持ち込み制限を調べてから購入した。
2018年現在、100Wh以下は制限なし。これを超えるものには個数制限があったりする。ただし、必ず手荷物として機内に持ち込まなければならない。それにしても「Wh」やら「mAh」やら、わかるように表記して欲しい。
Wh(ワット時定格量) = V(電圧)× Ah(電池容量)という関係で、「mAh」を「Ah」にするために1000で割る。モバイルバッテリーのリチウムイオン電池の電圧は3.7V。このモバイルバッテリーは5,000mAhだから、次のようになる。
Wh = 3.7 × 5000 ÷ 1000 = 18.5 Wh
そもそも、なんでユーザがいちいち計算しなければならないのか? 空港で注意されたり、没収されたり、不愉快な思いをしないために、ユーザ自身が自衛しろということか? 製造メーカ、航空会社、関係省庁で表記が揃っていないというのは・・・本気で守らせようという規則ではないのか、あるいは、だれも「安全」について真剣に考えていないからだと勘ぐってしまうのだが^^;;