BOOK「日本の空のパイオニアたち 明治・大正18年間の航空開拓史」

日本の空のパイオニアたち
明治・大正18年間の航空開拓史

荒山彰久著
(早稲田大学出版部:2,800円+税)
※古書を購入

仕事の資料として読んだ本。
江戸時代に空を飛ぶことを夢みた浮田幸吉にはじまり、気球による飛行、日本初の動力機飛行の成功、所沢飛行場の開設、国産飛行機の開発と進化。各地で開催された航空ショー。さらには旧日本軍航空隊の設立、航空母艦「赤城」「加賀」の進水・・・。という流れで、わずか18年という短期間で航空機が発達し、民間では郵便飛行会社が設立され、軍事利用もはじまった。
バロン滋野・・・そういえば、こういう人がいたなと・・・。子どもの頃、なにかで読んで名前だけが憶えていたけど、ようやくどういう人なのかがわかった。
寺田寅彦という物理学者・・・どこにでも顔を出すけど、この分野でも出てくるとは。しかも、事故調査という面で存在感があるというのも、なんとなく寺田寅彦らしいという感じがする。
この本は大正期で終わっている。その理由はよくわからないけど、航空史的な意味で何らかの区切りがあったわけではないようだ。この後、日本の航空技術は世界のトップレベルに到達するけど、同時に軍事色が強まり、時代も戦争一色になっていく。