アニメ「異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ」


異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」(全12話/2018年)
第1話を見て頭の中に「?」が浮かんだ。第2話を見て「えっ?」と思った。次を見て、「なんだ、これ?」と思った。以下同・・・。
どこが異世界なんだ? ちょっと可愛い看板娘がいるだけの、ただの居酒屋で、在り来たりの料理を出しているだけじゃないか? 登場人物に特徴があるわけでもなく、異世界だからどうのということもない。とくに料理の蘊蓄があるわけでもなく、居酒屋としてこだわりがあるわけでもなく・・・なんにも中身がない。異世界居酒屋の「異世界」が理解不能だ。
ただ、逆に・・・これが異世界ではなく、この世界のお話だとして・・・一緒に飲むと肩が凝る上役や、威張り散らす役人や貴族なんかが、ある意味では異世界人のような人間なのだと考えればちょっと理解できる。以前わたしが通っていた飲み屋には、異世界人どころか宇宙人やモノノケのような常連客が何人もいた。
「ラガー」の件は解決して店は無事だったけど・・・この店がつぶれるとしたら、店内にある神棚が原因になるだろう。異教徒が弾圧されるのはお約束だから。