アニメ「ゴールデンカムイ(第2期)」


ゴールデンカムイ(第2期)」(全12話/2018年)
第1期の終盤、新選組の生き残りで函館五稜郭で死んだはずの土方歳三まで出てきて、刺青の暗号を集める勢力が三つ巴と思いきや、杉本たちと手を結んだ。鶴見中尉以下第七師団VS杉本他諸々という構図。
展開的には、鶴見中尉が刺青人皮の偽物を作った。杉本たちは、第七師団に追われながら網走に移動しただけ。この期の中心は、アシリパの父親が金塊を奪った「のっぺらぼう」かどうかということ。刺青人皮の収集はほとんど進んでいないけど、最後に大きく形勢が変わった。鶴見中尉以下第七師団と杉本が手を結んだ。杉本、ずいぶん移り身の早いヤツだ。対して、それぞれの思惑で動くキロランケと尾形がアシリパの身柄をおさえ、樺太に渡った。これを追う杉本。一方、土方の一味は刺青人皮を求めて道南へ向かう・・・。こんな状況で第3機に続く。
小樽、札幌、岩見沢、夕張と懐かしい道央の地名がいっぱい出てくる。どこも友人たちのふるさとだった町。でも、そう考えると、みんな地元を離れてしまったということか・・・。ラッコの肉の効果は聞いたことがない、本当だろうか?