BOOK「ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記 7」

ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記(第7巻)
浜松春日著
イラスト:飯沼俊規
(アルファポリス:amazon:1,037円)
※Kindle版を購入

突岩群島で継承帝国の疾空竜騎士団VSアパッチ・ロングボウ+OH-1偵察ヘリ・・・やっぱり、竜騎兵はかなり強い。おまけに、言語能力が高い。この小説、最初から問答無用で異世界人が日本語を使っていたけど、名古屋弁まで理解できるとは・・・。
ニホンレットウ諸島で発見された油田・・・大賢者パラケラスの助けを得て、魔法を使って精製することになった。そのため、ニホンレットウ諸島は開発ラッシュ状態。燃料にはメドが立ったけど、あとは武器弾薬の自給だな・・・。
ルーントルーパーズ・・・自衛隊がこの異世界に召喚されたことで、元いた世界にも影響が出るという。ヘタをすると、第三次世界大戦が起きるとか・・・。自衛隊が打てる手立ては、さっさと元いた世界に戻ること。そんな中、異世界からの異物を排除するために、竜人族の「彷徨える竜巣」が継承帝国側に付いた。一方、蕪木は、条件付きながら自衛隊の参戦を決意した。
久世三尉とルーがいい感じになってきた。ルーをメインヒロインに担ぎ上げるためか、性格まで改善されている。