BOOK「はたらく魔王さま! 20」

はたらく魔王さま!(第20巻)
和ヶ原聡司著
イラスト:029
(電撃文庫:amazon:612円)
※Kindle版を購入

前巻、アシエスが暴走し、木崎元店長とバイト仲間に秘密を知られ、鈴乃が真奥に告白し・・・この世界ではいろいろ動きがあった。さらに輪を掛け、マグロナルド幡ヶ谷駅前店に、相次いでエンテ・イスラのお偉いさんたちが顔を見せはじめた。その裏には、魔王軍悪魔大元帥佐々木千穂が仕切る「頂上会議」の開催と「第二次魔王城攻略計画」・・・。魔王軍とエンテ・イスラの決着を付ける針の穴を通すような茶番劇。日本にいる真奥と恵美には事情が全く伝わらないままに・・・アラス・ラムスの異変、真奥と恵美の同居。
正直にいうと、神討ちが決まった直後から気に入らない。最近では千穂の受験準備、エンテイスラの情勢変化、決戦前の決意など、それぞれの立場でこころの揺れ動きがあるのを描きたいんだろうけど、ぜんぜん描けていない。そもそも描く必要があるのか。鈴乃はいまさらだし・・・恵美は以前フラグが立ったはず。ラブコメ的展開もグズグズ。メインストーリーも引き伸ばしに次ぐ引き伸ばしでグズグズ。
この巻の千穂の動きは、古女房的優位性を示したかったのだろうけど・・・脈絡的には意味不明。アシエスとアムス・ラムスの暴走は、ムダにあがかないで、さっさと最後の決戦に向かえよ!という、作者への抗議なのかも知れない。次の巻で神討ちがはじまらないようなら・・・その可能性大だけど・・・古本購入ラノベ落ち決定。