コミックス「いいなり 4-6」


いいなり
(第4~6巻)
糸杉柾宏著
(少年チャンピオン・コミックス:各429円+税)
※古書を購入

有栖川会長と波多野くんが、花火大会でキスをしていた。それを目撃した杏が寝込んでしまう。というラブコメ展開から。有栖川会長とは・・・よくある設定の格差カップルだから、親が反対してという展開。杏とはお隣さんの幼なじみカップルだから、親がノリノリで・・・。さらに、有栖川会長の妹アリスまでからんで五角関係に。女の子が一人余る構図。
杏がおかしな性癖に目覚めるんじゃないかと思っていたけど、結局そういう方向に向かいそう・・・。でも、このマンガの「露出癖」が今ひとつピンとこない。ギリギリの緊張感を味わいたいのか、直接的な視線を集めたいのか、シーンによってちぐはぐな感じがする。まあ、両方ともありという性癖もありなのかも知れないけど・・・。自分のことじゃないから、よくわからないや^^;;
かなり力業にも思えるけど、有栖川会長の父親が倒れ、次の巻あたりで完結しそうな気配。でも、男女の数が合わないから、女の子が一人余ってしまうのだが・・・。