BOOK「賭博師は祈らない 5」

賭博師は祈らない(第5巻)
周藤蓮著
イラスト:ニッツ
(電撃文庫:amazon:690円)
※Kindle版を購入

前巻・・・帝都の裏社会を牛耳るジョナサン・ワイルド・ジュニアと、警察組織ボウ・ストリート・ランナーズの親玉ルロイ・フィールディングの対立に巻き込まれ・・・なぜか最後、ラザルスとフランセスが結婚した。そんなタイミングで、ラザルスはリーラに渡していたインド行きの乗船券の存在を示してしまった。やさぐれた賭博師とはいえ、さすがにラノベの主人公といったところ。
ジョナサン・ワイルド・ジュニアが進める「整理整頓」・・・悪い政策ではないようにも思うけど、賭場の側から見れば、賭場が殺伐としていくような気もする。ある意味、ジョナサン・ワイルド・ジュニアは、治安判事に向いているような気もする。そうはいいながら、ボウ・ストリート・ランナーズ側のラザルスは、ジョナサンに挑む・・・。そして、思わぬジョナサン・ワイルド・ジュニアとの決着・・・。
「カルゥガシュ・シャイフラムス」・・・やっと判明したリーラの本当の名前。名前を取り戻し、独立した人格を取り戻したということだろう。結局、リーラは故郷に旅立っていった。まあ、これもひとつの結末だ。
そもそも、形式的にとはいえフランセスと結婚してしまったラザルスが、リーラと最終的に結ばれるという線はなくなっていた。リーラが再び戻ってきたとしても。当時の英国国教会の規則では・・・離婚しても、その配偶者が死ななないかぎり、再婚は認められない。つまり、フランセスが死なない限りは・・・。そもそも英国で暮らしていこうとすれば、リーラは奴隷だし、異人種だし、差別と偏見からは逃げようもない。もしあり得るとしたら、ラザルスと二人でインドや南アフリカあたりに渡って、名前を変えて、改宗するという手はあるけど・・・。
<完結>