BOOK「転生したらスライムだった件 7」

転生したらスライムだった件(第7巻)
伏瀬著
イラスト:みっつばー
(GCノベルズ:amazon:972円)
※Kindle版を購入

魔王クレイマンがらみの件が片付き、次はヨウムによる新国家建設と西方聖教会への対処。
ファルムズ王国のエドマリス王を尋問・・・拷問したシオンって・・・。おかげで、ファルムズ王国との戦後処理はかなりひどいことになった。シオンはちょっと、ヒロインを逸脱してしまったかも・・・次に進化したら「悪魔」になっているんじゃないだろうか。ダークエルフの奴隷と古代文明の遺跡なんていう・・・これも伏線のひとつだろう。そういえば「天使族」なんていう伏線もあったっけ。
西方聖教会の動き・・・絶対権力者の下には腐敗した統治組織と愚かな老人がはびこっているというのはお約束事項。西方聖教会の七曜、西側諸国を陰で操るロッゾ一族、東の帝国の商人・秘密結社「三巨頭」が、ヒナタの排除とファルムズ王国の奪還に動き出した。
複数の局面が同時進行しているせいもあるけど・・・この巻も会議ばかりやっている。会議の途中で状況が変わり、さらにまた会議・・・。そして、会議で打ち合わせたのとは違う戦闘。
ついに、リムルとヒナタの一騎打ち。チート同士の戦いだと、リアリティがなくなって、逆に面白みがない気がする。戦いそのものは剣での勝負だから、描きようによっては迫力も出るんだろうけど・・・。
同時並行で進んでいたファルムズ王国の件、西方聖教会の件が意外にあっさり同時に片付いてしまった。