BOOK「ハニトラは効かない。英雄だからね、俺」

ハニトラは効かない。英雄だからね、俺
夏目坂一家著
イラスト:のりパチ
(ファンタジア文庫:amazon:585円)
※Kindle版を購入

異界大戦・・・現代世界に魔王率いる魔物が侵入して20年に及ぶ戦いが続いた。この大戦を勝利させ終結させた英雄・英赤雄介。彼が戦後に望んだのは、普通の高校生としての平和な暮らし。
しかし、世界の大国は自国に引き込むための刺客・・・ハニートラップの美少女を送り込む。片や、防衛する日本は咲ノ芽木葉を幼なじみ&同級生兼副担任、護衛として送り込んだ。
アメリカの刺客はエリーナ。イギリスはキャストルテ。中国は恋海美。順番に出てきたけど・・・テンプレなキャラ立てで、すぐにオーソドックスなラブコメ感が漂いはじめた。ハニートラップとかいいながら、間接キスがどうこうでワーキャー騒ぐレベル。しかも、ヒロインのだれにも魅力を感じない。
目を引いた点は、雄介の主人公的な朴念仁さの背景に、子どもの頃から戦いに明け暮れていたというのがあること。ちょっとだけ、『フルメタ』の相良宗介を感じられたけど、雄介はかなりの常識人で、むやみに戦闘力を行使したりはしない。その分、つまらない。
あとがきによると、最初からハーレムもののラブコメを書く気だったらしい。・・・こちらが勝手に期待しすぎただけらしい。