BOOK「転生したらスライムだった件 10」

転生したらスライムだった件(第10巻)
伏瀬著
イラスト:みっつばー
(GCノベルズ:amazon:972円)
※Kindle版を購入

勇者マサユキはある意味不気味な存在だったけど、結局、リムルの仲間に溶け込んでしまった。後々の展開はわからないけど、いまのところ悪いヤツではないらしい。迷宮の運営はゲーム要素を取り入れて、順調にスタート。収益も上がってきている。裏で難易度を調整するリムルたちの動きって・・・不正行為に目くじら立てるパチンコ店の店主のようだった。・・・だけど、こういうアトラクションのようなダンジョンは、そのうちみんなが飽きてきて、「クソ運営」だの「クソゲー」だの言われはじめて末期を迎えそうな気もする^^;
元勇者にして七曜の老師の生き残り・・・西方諸国評議会を牛耳る者・・・グランベル・・・ロッゾ一族のトップ。その跡を次ぐべき転生者「強欲」のマリアベルが動き出した。つまらないエピソードだったけど、結果的に、テンペストが評議会から国家承認され、評議会のメンバーとして認められた。今後どう展開するのかわからないのは、評議会の軍権を委譲されたこと。あとは鉄道さえ敷ければ・・・むかしの満州鉄道のように、地域の支配は簡単だ。
メインストーリーなのかわからないけど・・・ユウキの方は、魔王カザリームの復活した姿であるカガリを古代遺跡の探索に送り出した。旧クレイマン領の古代遺跡アムリタは、魔王カザリームのかつての都だから、その復活体であるカガリにとってはかつての支配地。
マリアベル・・・強い強いと書かれているけど、何が強いのかさっぱりわからない。結局、しょぼいヤツとしか思えなかった。それに対して、ユウキがラスボスとしての存在感を醸し出してきた。