BOOK「ミニスカ宇宙海賊 2 黄金の幽霊船」

ミニスカ宇宙海賊
2 黄金の幽霊船

笹本祐一著
イラスト:松本規之
(朝日ノベルズ:1,000円+税)
※古書を購入

宇宙海賊船弁天丸の船長となった茉莉香。お座敷営業で超大型客船への海賊行為中、密航者の少女に乗り込まれてしまった。密航者は、セレニティ星王家第七正統皇女グリュエール・セレニティ。先代船長の縁もあり、保護したグリュエール皇女は白鳳女学院に留学生として迎えられた。
グリュエールが弁天丸に接触した目的は、「黄金の幽霊船」を探索させること。政治的なキナ臭さを漂わせながら、王室の機密情報を取り寄せ・・・幽霊船が現れそうな暗黒星雲へ・・・。見習い同然の新米船長ながら、茉莉香は過酷な暗黒星雲内での時空震にもセレニティ艦隊にも動じることなく・・・かなり無謀な指揮を執る。
そこに、グリュエールの妹・グリュンヒルデ皇女が王室の艦隊を引き連れ・・・姉妹二人で口喧嘩・・・。ネタバレになるからオチは書かないけど・・・この姉妹喧嘩、妹の言い分というか目的がよくわからない。何をしにわざわざ軍艦まで繰り出して、幽霊船にやって来たのか? そもそも、娘二人の意味不明の暴走を止められない王家の衰退はいうまでもないことなわけで^^;