BOOK「理想のヒモ生活 12」

理想のヒモ生活(第12巻)
渡辺恒彦著
イラスト:文倉十
(ヒーロー文庫:amazon:612円)
※Kindle版を購入

何がおもしろいのかはっきりしないまま、なんとなく読み続けて最新巻まで来てしまった。
フレア姫を側室に迎えるため、ゼンジロウは黄金の木の葉号でウップサーラ王国に旅だった。長い航海を経て、北大陸西部ズウォタ・ヴォルノシチ貴族制共和国ポモージエ港に寄港した。
港町での休暇中、待女のマルグレーテが孤児の少年から、同宿のヤン司祭に会わせてほしいと声を掛けられ・・・ヤン司祭に取り次ぐと、「北方騎士団」のポモージエ侵攻の危急を知った。・・・ポモージエ防衛にケリが付くまで足止めされるゼンジロウは、国交のない国でアンナ王女との外交的対応を迫られる。ズウォタ・ヴォルノシチ貴族制共和国内の路線を廻る権力闘争に巻き込まれる。
女王のヒモ生活に憧れてきた割に、ゼンジロウは真面目に外交的に配慮していたけど・・・今回はアンナ王女にしてやられた感じ。新たな情報・・・「白の帝国」とルクレツィアの話は伏線なんだろうな。でなければ、わざわざルクレツィアをこの旅に同行させた理由の説明が付かない。フレア姫を側室に迎える許可をもらいに行くのに、もう一人側室候補を連れて行くなんて非常識すぎるから。