BOOK「妹さえいればいい。 11」

妹さえいればいい。(第11巻)
平坂読著
イラスト:カントク
(ガガガ文庫:amazon:615円)
※Kindle版を購入

伊月が、まったく小説を書けなくなった。アニメ化による燃え尽き症候群というよりは、妹が実際に存在したことによる影響・・・。おかげで、アニメ放送明けの大切なタイミングの巻を落としてしまった。伊月のスランプと並行して、かねてからの伏線・・・千尋の春斗への恋が具現化してきた。そして、千尋の行動力は・・・やはり、伊月とは血がつながっていないことを感じさせる。
でも、千尋の件がきっかけで、伊月が父親と和解した。これだけ見ると、完結の方向かとも思うけど、そうでもないらしい。ここに来てまた一人、三田洞彩音が本編に絡んできた。立場的に、京が就職しても、絡み続けてくるだろう。
ゲームに興じるシーンが毎回登場するけど、個人的感想として、かなり邪魔くさい。ルール説明で何ページ使っていることやら・・・。カードゲーム付きの特装版、これを実現したかったんだろうけど、売れるんだろうか?
そうか・・・Kindle版の最後に付いている広告はリアル本に挟まっているチラシで、カラーデータだったのか。モノクロのKindleで読んでいたから、いままでカラーだと気づかなかった。PC版のKindleで読んで、今回初めて気がついた。