BOOK「ストライク・ザ・ブラッド 20 再会の吸血姫」

ストライク・ザ・ブラッド
20 再会の吸血姫

三雲岳斗著
イラスト:マニャ子
(電撃文庫:amazon:632円)
※Kindle版を購入

第四真祖の十二番目の眷獣を封印した十二番目のアヴローラが復活した。これで第四真祖の眷獣がすべて揃い、「領主選争」を収束させるのだろうと思いながら読んでいたら・・・中途半端にラブコメ要素を織り交ぜた、緊張感のないシーンがダラダラダラダラ。キャラ総動員した割には、ストーリーもよれてるし・・・よく分からない「領主選争」だな。前巻あたりから、なんとなく三雲岳斗らしくない。体調でも悪いのだろうか?
吸血王がすべての真祖を集め、領主選争をはじめた目的は「焰光の宴」を再び起こすこと。それとは別に、MARにも思惑が・・・。地域住民を皆殺しにする「焰光の宴」か、アヴローラを殺して十二番目の眷獣を獲得するかの選択・・・結局は、第三の選択肢をとったわけだけど、この展開は予想外だった。
でも、ひとつはっきりした。「領主選争篇」は完結への流れではないということ。