BOOK「トコトンやさしいにおいとかおりの本」

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしいにおいとかおりの本

倉橋隆、光田恵、福井寛著
(日刊工業新聞社:1,400円+税)
※古書を購入

とりあえずの入門書として購入。古本を買ったけど、なかなかの古本臭がする。
定番の入門シリーズなので、嗅覚のしくみから香料の種類、応用分野、消臭、評価と分析方法といった一通りのことは説明している。においは身近なもので、特に日本人はにおいに敏感というか、過敏なところがあるので、必要以上に香料や消臭剤が使われ、時に辟易することもある。
過剰な香料や消臭剤に弱いわたしは、逆に気分が悪くなることがあるので参る。本来、心地よい環境を求めての香料か消臭剤、美味しさを求めての香料であるはずなのに、香料で体調を崩すのは本末転倒なんだけど・・・そういう理由で、わたしはオシャレな若い女性が苦手だ^^;; 幸いにも、というか残念なことに、その手の女性に言い寄られるようなタイプの人間ではないので助かっているけど・・・。