BOOK「項羽と劉邦(上)」

項羽と劉邦(上)
司馬遼太郎著
(文春文庫:amazon:729円)
※Kindle版を購入

何十年も前、文庫本になってすぐに読んだことがある。数年前から、そのうち読み返そうと思いながら、たまたま手頃な古本に出会わなかった。Amazonで古本を買おうかと思ったけど、読みやすさを考えてKindle版にした。
西安と兵馬俑、始皇帝陵には行ったことがあるし、項羽の叔父・項梁が蜂起した蘇州にも行った。江蘇省の南京はともかく、劉邦の故郷・沛地方まではさすがに行ったことがない。中国の地理関係には多少馴染んでいるつもりだけど、念のため最初は巻頭の地図とGoogleマップを見ながら読み進めた。
まずは、項羽と劉邦が倒すべき当面の敵である、秦の始皇帝の姿を描くところから。キモは、だれもが皇帝になり得るという価値観を作ったのが始皇帝自身だということ。項羽の叔父・項梁が蜂起。沛県ではチンピラから亭長になった劉邦が蜂起した。
この巻は、亡楚の軍として、項羽と劉邦が共に戦っていた時期。項羽は別働隊として咸陽に向け進軍。項羽は、趙王の援軍として鉅鹿城で秦軍に勝利した。秦の章邯将軍を配下に加えたが・・・兵20万人を大虐殺したところまで。当時の20万人って、いまでいうとどのくらいの感覚だろうか?